役所広司&本木雅弘ら“平和”を望み苦悩する『日本のいちばん長い日』新ビジュアル

映画

『日本のいちばん長い日』 -(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 -(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 役所広司&本木雅弘&山崎努&堤真一&松坂桃李/『日本のいちばん長い日』 -(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 -(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 -(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 -(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』第1弾ポスター・ビジュアル/(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
役所広司、本木雅弘、山崎努、堤真一、松坂桃李と錚々たるキャストで贈る『日本でいちばん長い日』。この度、彼らが集結した緊張感溢れるビジュアルが公開された。

太平洋戦争末期、日本がポツダム宣言を受諾し終戦を迎える1945年。昭和天皇が降伏を決定した8月14日正午から、天皇自ら玉音放送で国民に終戦を知らせた8月15日正午、その24時間にいったい何があったのか…。昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクションを完全映画化したのは、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田眞人監督。戦後70年の壮大な記念碑となる感動作を作り上げた。

今回公開されたのは、日本の未来を信じ、平和への礎を築くために身を挺した男たちの表情が印象的なビジュアル。陸軍を代表する身として徹底抗戦を掲げながらも、天皇の身を案じて苦悩し、平和的解決を成し遂げようとする阿南惟幾陸相(役所広司)。国民の苦しみに想いを馳せ、平和を希求する昭和天皇(本木雅弘)。聖断を拝し、法のルールを破ってでも戦争を終わらせようとする鈴木貫太郎首相(山崎努)、そして首相を支え続け、歴史の転換期を見届けようとする迫水久常内閣書記官長(堤真一)。宮城(皇居)を襲撃するクーデターを計画し陸軍同志とともに決起する畑中少佐(松坂桃李)。史上最大の危機を迎えた“日本のいちばん長い日”に、戦争を終わらせるために闘った男たちが集結している。

真夏の空の下、70年前の日本で起こった史実。いまと変わらず眩しい太陽が照りつける夏空の背景とともに記される「降伏か、本土決戦か――。その決断に、すべての希望は託された」というコピーから彼らが望む“平和”について改めて考えさせられることだろう。

『日本のいちばん長い日』は8月8日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top