息子たちの似顔絵プレゼントに鈴木京香、涙! “画伯”田辺誠一も絶賛!

最新ニュース

『おかあさんの木』初日舞台挨拶
  • 『おかあさんの木』初日舞台挨拶
  • 鈴木京香/『おかあさんの木』初日舞台挨拶
  • 『おかあさんの木』初日舞台挨拶
  • 鈴木京香/『おかあさんの木』初日舞台挨拶
  • 三浦貴大/『おかあさんの木』初日舞台挨拶
  • 鈴木京香/『おかあさんの木』初日舞台挨拶
  • 『おかあさんの木』初日舞台挨拶
  • 鈴木京香/『おかあさんの木』初日舞台挨拶
映画『おかあさんの木』が6月6日(土)に初日を迎え、主演の鈴木京香は息子役を演じた7人の子役たちから似顔絵をプレゼントされ、感激の涙を流した。

東映の戦後70周年記念作品として、教科書にも掲載されている大川悦生の「おかあさんの木」(ポプラ社刊)を映画化。出征していく息子たちの無事を願い1本ずつ桐の木を植え帰りを待ち続ける母親の姿を描く。

晴れの初日に着物姿で登場した鈴木さんは映画を観終えたばかりの客席を見渡し「みなさんがどうお感じになったか気になって、お顔を拝見さえていただいてますが、ハンカチで口元を抑えている方もいらっしゃって、いろんな思いで見ていただけたようで感激しております」とホッと安心した表情を見せる。

鈴木さんは、幼少期および大人になってからと数多くの“息子たち”と現場を共にしたが、ラスト近くのある重要なシーンでは、その日、撮影のなかった大人になった息子たちが鈴木さんの元にわざわざ集結したことがあったそう。「本当に感謝しましたし、みんなが帰ってきてくれたんだ! と思えて幸せに思えました」と嬉しそうに語った。

子どもたちとは「本当に家族のようで、撮影が終わって会えなくなると思うと寂しい」と語っていたが、この日は、7人の息子たち(幼少期)が全員集合! それぞれに撮影や“京香お母さん”との思い出を語った。

そして、7人はサプライズでそれぞれが描いた鈴木さんの似顔絵を披露! いずれの絵でも鈴木さんは満面の笑みをたたえており、それを見た鈴木さんの目からは涙がこぼれた。

鈴木さんは「みんなすごく上手で驚きました。『似てる!』って思うし、垂れ目の特徴を捉えてます」と大感激。「みんな演技がうまくていい俳優さんになるって話してたんですが、画家になる子もいるんじゃないかと楽しみです」と語った。“画伯”の異名をとり、シュールな絵で人気を博している田辺さんも「僕の何倍もうまいですよ!」と子どもたちの力作に称賛を送っていた。

『おかあさんの木』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top