【ディズニー】光で彩られた夜のパレードがリニューアル! 対象フロート全8台のポイント詳細解説

最新ニュース

初登場「ラプンツェル」フロートなど
  • 初登場「ラプンツェル」フロートなど
  • (拡大)初登場「ラプンツェル」フロートなど
来たる7月9日(木)、東京ディズニーランドの夜の定番パレード、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」がリニューアル再始動するが、今回のリニューアルの目玉は、何といってもディズニー映画『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルやフリン・ライダーを乗せた新規フロートの登場! また、ピーターパンの海賊船など7台のフロートがリニューアルされ、LED照明でこれまで以上に鮮やかに夜のパークを彩ることに。そこで後1か月に迫ったいま、対象となるフロート全8台の鑑賞ポイントをお届け!

7月9日(木)に初登場する新規フロートは、「ラプンツェル」(ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』のユニット)! キャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」でも再現したシーンで、映画のなかで印象深いランタンが空を飛ぶシーンや、黄金に輝くラプンツェルの髪、花などをデザイン。幻想的な光の世界を表現したフロートだ。

リニューアルフロートとして、まずは「光の騎士」(オープニングのユニット)と「ブルーフェアリー」(オープニングのユニット)。光の騎士が乗る馬はペガサスのような羽を持ち、雲間をはばたいて飛び越えていく躍動感を表現。今回のリニューアルで、ブルーフェアリーを先導する。一方、ブルーフェアリーは繊細で美しい羽の輝きが増して、細かい点ではティアラやワンド(杖)もリニューアル! より印象的にオープニングを飾る予定だ。

また、「ピーターパンの海賊船」(ディズニー映画『ピーター・パン』のユニット)もリニューアル。新しくなる帆には、荒れ狂う嵐の様子や、ピーターパンとフック船長の影、戦う様子などが浮かび上がっていくという。また、ティンカーベルの妖精の粉で船全体がゴールド一色に変化する演出も。光り輝きながら飛び立っていくシーンも表現するそう。

パレード後半では、スモールワールドのユニットを全面リニューアル。「ショーボート」(スモールワールドのユニット)では、煙突から蒸気を吹き上げる蒸気船が、一段と鮮やかに光り輝く演出に変更する。また、ドナルドダックとデイジーダックのコスチュームは、古き良き時代の船旅をイメージした新規デザインにチェンジ。「エアシップ」(スモールワールドのユニット)も、カラフルな飛行船がいっそう輝きを増して航行するほか、チップとデールのコスチュームもパイロットをイメージした新デザインに変更となるという。

「ザ・ムーン」(スモールワールドのユニット)は、かわいい羊や山羊、小鳥などが新たに加わって、よりいっそう華やかに。また、「ザ・サン」(スモールワールドのユニット)も、大きなキリンが新たに加わって、輝く太陽のもと陽気でにぎやかなフロートに変わる。

リニューアル日の7月9日(木)は、ちょうど夏のスペシャルイベント「ディズニー夏祭り」の初日。新しい興奮と発見がいっぱいの夏ディズニーを、一足早く満喫してみて!

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top