マイケル・ベイ、次回作は宇宙が舞台?

最新ニュース

マイケル・ベイ-(C)Getty Images
  • マイケル・ベイ-(C)Getty Images
  • マイケル・ベイ
  • マイケル・ベイ-(C)Getty Images
マイケル・ベイが新作SF 『Time Salvager』(原題)の監督候補に挙がっているようだ。

『トランスフォーマー』シリーズで知られるベイが、宇宙を舞台にしたウェルズリー・チューによる同名未発表小説の映画化に向けてすでに動き出しているという。

この作品は、人類によって一部が見捨てられた地球の再建を目指す社会を舞台に、タイムトラベルへの適合性を見出された主役のジェームズ・グリフィン・マーズが地球残存のために必要な資源を回復するミッションに送り出されるが、そこで出会った科学者のエリーズ・キムを未来へと連れ帰ってくることで2人とも逃亡を強いられることになるといったストーリー展開になっている。

『トランスフォーマー』シリーズで多忙なベイがこの作品に時間を割けるのかが焦点となってくるようだが、プロデューサーにはロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラとマーク・ヴァーラディアンが名乗りを上げている。

ベイにはそのほかにも実際に起きたリビアのベンガジにある米国領事館襲撃事件を描いた『13 Hours』(原題)が来年にも公開予定となっている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top