佐藤浩市&樋口可南子、新婚夫婦80組に現実を突きつける?『愛を積むひと』特別試写会

最新ニュース

樋口可南子、佐藤浩市/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
  • 樋口可南子、佐藤浩市/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
  • 樋口可南子/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
  • 佐藤浩市/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
  • 野村周平/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
  • 杉咲花/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
  • 佐藤浩市、野村周平/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
  • 杉咲花、樋口可南子/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
  • 杉咲花、樋口可南子、佐藤浩市、野村周平/『愛を積むひと』新婚さん限定試写会
北海道を舞台に夫婦愛を描く感動作『愛を積むひと』の“新婚さん限定試写会”が6月8日(月)、都内で行われ、本作で初の夫婦役に挑んだ佐藤浩市と樋口可南子が出席。駆けつけた新婚80組を前に、長年連れ添う夫婦にまつわる“現実”を突きつけた。

主人公は有意義な老後を求めて、北海道に移住した熟年夫婦の篤史(佐藤さん)と良子(樋口さん)。自然を相手にガーデニングや野菜作りに励む良子とは対照的に、仕事一筋だった篤史は時間を持て余す日々。そんな夫を見かねて、良子は家の周りの石塀づくりを頼むが、ほどなくして良子の心臓病が悪化し、帰らぬ人となってしまう・・・。実は良子は生前、夫に内緒で手紙を残していた。

事前のアンケート調査の結果、いまどきの新婚夫婦が「両親のような夫婦」「友だちのような夫婦」「いつまでも手をつないでいられる夫婦」を目指していると知ると、「そうなりゃ、いいよね…。実際には言いたいことを飲み込んで、(角が立たないように)変換しなくちゃいけなくなる」(佐藤さん)、「相手のことをわかっているつもりでも、わかっていないことが多い」(樋口さん)と自身の経験を踏まえて(!?)、持論を展開した。

それでも「普段、隣にいるのが当たり前のように思ってしまうが、実際にはそうじゃない。お互いに努力が必要」(佐藤さん)、「そうですね。歳をとるとお互い、いろんな顔が見えてくるし、ときには別々に好きなことに没頭するのも大切」(樋口さん)と夫婦円満の秘けつも伝授していた。

イベントには共演する野村周平と杉咲花が出席。劇中では恋人同士を演じており、「男女の距離感というものがよくわからないでいたら、野村くんが気を使って、話しかけてくださった」(杉咲さん)、「そんなこと言われると、背中がかゆくなるますね…」(野村さん)と初々しいやりとりを披露していた。

『愛を積むひと』は6月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top