ジョン・ラセター&監督が絶賛!歴代全15作品参加の“ピクサーの隠し玉”登場

最新ニュース

『インサイド・ヘッド』プレミアの様子
  • 『インサイド・ヘッド』プレミアの様子
  • ジョン・ラッツェンバーガー&ジョン・ラセター/『インサイド・ヘッド』プレミアの様子
ディズニー/ピクサーの最新作『インサイド・ヘッド』のLAプレミアが6月8日(現地時間)に開催され、本作の監督であるアカデミー受賞監督のピート・ドクター、製作のジョナス・リヴェラ、製作総指揮を務めるジョン・ラセター、さらに歴代ピクサーの全15作品に声優として参加しているというピクサー作品のレジェンド、ジョン・ラッツェンバーガーも登場した。

本作は、住み慣れた土地を離れ、慣れない新生活を始める11才の少女ライリーの中にいる5つの感情たち(楽しい気分にする“ヨロコビ”、 悲しい気分のときに現れる“カナシミ” 、怒りを爆発させる“イカリ”、嫌いなものから守る“ムカムカ”、 危険から身を守る“ビビリ”)を主人公に、誰もが持っているのに誰も見たことがない、無限に広がる“頭の中”で起こる冒険を描いた感動ファンタジー。

日本ではあまり知られていなかったジョン・ラッツェンバーガーの存在。ピクサースタジオの記念すべき一作目『トイ・ストーリー』シリーズのブタの貯金箱・ハム役や、『モンスターズ・インク』ヒマラヤの雪男、『Mr.インクレディブル』では物語の最後に現れる悪役アンダーマイナーなど全てのピクサー作品で声優を担当してきたいわばピクサーの隠し玉と言える存在。

もちろん『インサイド・ヘッド』でも登場するジョンは、今回のプレミアで「僕が演じたのはフリッツというキャラクターだよ。でも、言えるのはここまでだから、あとは劇場で探してみてほしいな」と役名を明かした。また、「20周年という節目の年を迎えたけど、すべてのピクサー作品にかかわってこられたことを本当に嬉しく思っているよ」と20年間という歴史をかみしめた。

また、数々の感動を世に送り続けてきたピクサー最大のレジェンド、ラセター氏も「ラッツェンバーガーは、ピクサーの幸運のお守りであり、私の良き友人でもあります。『インサイド・ヘッド』が15作目になりますが、すべてに出演してもらっていますよ」とジョンを称賛した。

製作のジョナス・リベラは、「僕らにとっては、ラッツェンバーガーはまさに幸運のお守りだよ。いままでの15作品で、彼は大小さまざまな役割を演じているんだ。僕たちは彼のことが大好きだし、ピクサーファミリーにいてくれていることをとても誇りに思うよ」とコメント。ドクター監督も「僕にとって、ラッツェンバーガーはすべての作品にまたがる、橋のような存在なんだ。色々な人が出たり入ったりするけど彼だけは一貫している。ジョン・ラセターもね。ジョン同士だね(笑)」と言うと、2人の“ジョン”の存在についてリベラ氏とドクター監督は「ジョンたちがスタジオを作り上げているんだ」というジョークまで飛び出し大盛り上がり! 

最後にラセター氏から本作の見どころについて「“感情”や“思い出”がどのような形をしているかをお見せします。親は『早く大きくなってほしい』と言いますが、子どもたちはその通り、成長するのです。そして変わっていくのです。その過程で頭や心の中で何が起きているのか、それを見ることができるというのはとても面白いと思います」と語った。日本のファンに向けて「きっとみんな、この作品を楽しんで、大好きになってもらえると思います。笑って、泣いて、心が温かくなりますよ! 私たち、私も、日本が大好きです。また日本に行けることを心待ちにしてます。ドウモアリガトゴザイマス!」とメッセージを贈った。

『インサイド・ヘッド』は7月18日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top