井上真央、大奥には「静かな怖さがある」 7月より“奥御殿編”スタート

最新ニュース

井上真央/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
  • 井上真央/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
  • 田中麗奈、井上真央、松坂慶子/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
  • 松坂慶子/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
  • 田中麗奈/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
  • 井上真央/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
  • 田中麗奈/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
  • 松坂慶子/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
  • 田中麗奈/「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会
大河ドラマ「花燃ゆ」。禁門の変(第27回7月5日放送)で夫を亡くした井上真央演じる文が、美和と改め、毛利家の大奥で奥勤めに挑む新たなステージを迎えた。6月11日(木)、「花燃ゆ」“奥御殿編”スタジオ取材会が都内で行われ、主演の井上さんをはじめ、松坂慶子、田中麗奈が取材に応じた。

現場での印象を聞かれた井上さんは、「今までは、国を変えるぞ! と叫んでいる男性ばかりに囲まれていたので、全く違う世界にきたな、と思っています。大奥では、声には出さない静かな怖さがあって、笑いながらチクリというところがあって、演じながらもゾクッとしてしまうことも多々あります」と女性の怖さを話すも、「あ! カメラがないときには穏やかです」と慌ててフォロー。共演者とマッサージをし合ったり、体に良いものを配りあったりしながら、女性ばかりの現場を楽しんでいるようだ。

本作では、奥御殿の女帝・都美姫演じる松坂さんは、「今までたくさんの大河ドラマに出演させて頂きましたが、このセットが史上最高かもしれません。まるで文化財の中で撮影しているようです」と細部までこだわって作られたセットに大満足の様子だった。

映画で共演した際には、ジャージ姿でお酒を飲みかわす親子役だったという井上さんと松坂さん。「今回は格好が随分と変わり、不思議な感覚もあります。でも、スタートとカットがかかったときの松坂さんのギャップに、今回も驚かされると同時に、カットがかかった後のとても和やかな姿に癒されています」と紹介。

田中さんは、モニターに映る井上さんを見ながら独り言のように「かわいいねー、かわいいねー」と言っているそうで、「こんなにも褒められることがないくらい、褒められています」と井上さんが照れくさそうに話し、和気あいあいとした姿を見せた。

7月12日(日)より始まる“奥御殿”編。華やかな女性たちはもちろん、大奥を彩るセットにも注目をしたい。

「花燃ゆ」は、NHK総合にて毎週日曜日8時~8時45分放送中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top