「シルク・ドゥ・ソレイユ」2016年日本公演 最新作「トーテム」発表!

最新ニュース

「ダイハツ オーヴォ」最終公演で発表された2016年の新作「トーテム」。
  • 「ダイハツ オーヴォ」最終公演で発表された2016年の新作「トーテム」。
  • 2016年2月より日本公演がスタートする最新作「トーテム」 ロゴ
  • 「バー(カラペース)」  Photo: Matt Beard Costumes: Kym Barrett © 2014 Cirque du Soleil
  • 「ローラースケート」 Photo: OSA Images Costumes: Kym Barrett © 2010 Cirque du Soleil
  • 「ユニサイクル・アンド・ボウル」 Photo: OSA Images Costumes: Kym Barrett © 2010 Cirque du Soleil
世界的エンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、6月7日(日)の「ダイハツ オーヴォ」最終公演にて、2016年2月からの日本公演最新作「ダイハツ トーテム」の開催を発表した。

2014年2月より巡演した「ダイハツ オーヴォ」日本公演は、5都市(東京・大阪・名古屋・福岡・仙台)で558公演、132万人の動員を記録。6月7日に仙台の最終公演にて大盛況のうち に閉幕した。そこで発表された来年2月からの最新作「トーテム」とは一体どんな作品なのだろうか。

「トーテム」とは、数億年の物語と、無限の可能性をめぐるスペクタクル・ロマン。過去と未来で繰り広げられる、人類の進化をテーマに語られる壮大な物語。次々と繰り出される究極の感動と驚きの連続。感動のラスト、人類は飛びたいと言う欲求を叶えられるのか!? 

いまだかつてないミステリアスな作品に仕上がった「トーテム」。その見どころは、「シルク・ドゥ・ソレイユ」日本公演で初めて披露されるスピード感あふれるアクロバティックな演目がノンストップで展開されるところ。また、アーティストや技の美しさを一層ひきたてる、エレガントな衣装も要チェックだ。

「トーテム」の幕開けを飾るのは、鉄棒とトランポリンの技を組み合わせた、スピーディでダイナミックな演目「バー(カラペース)」。そして、高さ 2メートルにもなる一輪車に乗る5名のアーティストが驚くばかりの機敏さとバランスで金属製のボウルをジャグリングする究極の足技を披露するのが、「ユニサイクル・アンド・ボウル」や、ローラースケートを履いた2名の男女が直径1.8mの円形のプラットホーム上で超高速回転&旋回する「ローラー・スケート」などなど、どれも拍手が鳴りやまないほどの感動と驚嘆の連続だ。

今回の演出を手掛けたのは、ラスベガスで大人気の、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の大ヒット作「KA」を手がけた演出家、ロベール・ルパージュ。映像と演目を融合させる最新テクノロジーを駆使した演出で、シーンごとにまったく異なる世界観を表現している。

進化した「シルク・ドゥ・ソレイユ」を観るのがいまから楽しみだ。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top