本田翼、佐藤浩市と新たな一面魅せる!『起終点駅 ターミナル』ビジュアル解禁

映画

『起終点駅 ターミナル』ポスタービジュアル -(C) 2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
  • 『起終点駅 ターミナル』ポスタービジュアル -(C) 2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
  • 『起終点駅 ターミナル』-(C) 2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
  • 『起終点駅 ターミナル』-(C) 2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
  • 『起終点駅 ターミナル』-(C) 2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
  • 『起終点駅 ターミナル』-(C) 2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
  • 『起終点駅 ターミナル』-(C) 2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
直木賞作家・桜木紫乃の小説を原作に、日本が誇る名優・佐藤浩市と、フレッシュな魅力でファンを魅了する本田翼が初共演を果たす『起終点駅 ターミナル』。このたび、公開日が11月7日(土)に決定し、寄り添うふたりの姿を写したポスタービジュアルが解禁となった。

佐藤さんが演じるのは、北海道・釧路で誰とも関わることなく25年もの間、自らを罰するかのように生きてきた男、鷲田完治。かつての恋人・冴子(尾野真千子)との間に起きた出来事をきっかけに、人生の「終点駅」として釧路の地に降り立ち、孤独な弁護士として過ごしている。そんな完治の前に、とある事件の被告人として、敦子(本田翼)という女性が現れる。それぞれ止まっていた時が動き出すように、互いに心を許し始める2人だったが…。

今回到着したポスタービジュアルには、支え合うように寄り添う、完治と敦子の姿が大きく映し出され、“かれが、たどりついた「終着駅」。あすは、かれらを未来へ運ぶ「始発駅」。ここは、時刻表のない…駅”という、意味深なコピーが添えられている。

7月クールの“月9”ドラマ「恋仲」のヒロインにも決定し、これまではどちらかといえば天真爛漫なキャラクターのイメージが強かった本田さんだが、このポスタービジュアルでは一転。厳しい眼をして唇をかみしめる佐藤さんに、どこか物憂げな表情を浮かべながらも、やさしく寄り添う姿が印象的だ。

『はつ恋』『深呼吸の必要』など、みずみずしい感性で人間を描き続けることに定評のある篠原哲雄監督が、北海道・釧路を舞台に、人と人が出逢うことの美しさ、過去に囚われていた人々が新たな一歩を踏み出していく姿を描いた本作。主演作『愛を積むひと』や映画『HERO』『アンフェア the end』など数々の話題作に出演し、日本を代表する名優の佐藤さんと、女優としてその才能を大きく開花させつつある本田さんが見せる人間ドラマを、楽しみにしていて。

『起終点駅 ターミナル』は11月7日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top