宮沢りえ、艶やかで魅惑的な表情を披露! 新鋭クリエイターとコラボ

最新ニュース

クエンティン・ジョーンズがとらえた「女優・宮沢りえ」/「SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH」15-16SSイメージビジュアル第2弾
  • クエンティン・ジョーンズがとらえた「女優・宮沢りえ」/「SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH」15-16SSイメージビジュアル第2弾
  • クエンティン・ジョーンズがとらえた「女優・宮沢りえ」/「SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH」15-16SSイメージビジュアル第1弾
アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)が展開する、ファストファッション・ブランド「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ(SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH)」が、女優・宮沢りえを起用した15SSのイメージビジュアル第2弾を公開した。

昨年は、俳優の古田新太を“女装”させるという大胆な起用で、大きな注目を集めた同ブランドのビジュアルイメージ。今年は、宮沢りえを起用し、ファストファッションでありながら、ハイセンスで、クリエーションに徹底的な拘りをもったイメージをブランドとリンクさせて表現したという。

4月に発表された第1弾では、ハードボイルドな表現で着こなすトレンチコートに“Sure, Why Not”というお茶目な表現をコミック調に仕上げた、コントラストとパンチの効いた一枚と、大きなバナナとともに自然な表情を見せるハイセンスな一枚。そして今回の第2弾では一転、艶やかで魅惑的な表情に鮮やかな生花の背景とクリアなイメージのイラストが融合した美しい一枚と、ヴィヴィットなピンク色が効いた直線的な背景にクールな表情を見せるグラフィカルな一枚となっている。

この撮影を担当したのは、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「シャネル(CHANEL)」、「ケンゾー(KENZO)」など名だたるハイブランドのキャンペーンムービーや写真を手掛けてきた新進気鋭の女性カメラマン、クエンティン・ジョーンズ(QUENTIN JONES)。フォトグラファーでありながら、イラストレーター、映像監督、アニメーター、さらにはモデルとしても活躍しており、その才能がここ数年で一気に注目を浴びている次世代のクリエーターだ。

今回、「女優・宮沢りえ」という従来のイメージをユーモラスに新しい切り口で表現。写真という枠を飛び越え、イラストや映像などで、アートピースとして仕上げている。

シャネル、ヴィトンを手掛けた新鋭クリエイターがとらえた「女優・宮沢りえ」

《編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top