山崎賢人、桐谷美玲の変顔は「崩してるのにものすごくキュート!」

最新ニュース

桐谷美玲/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
  • 桐谷美玲/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
  • 山崎賢人/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
  • 坂口健太郎/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
  • 英勉監督/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
  • 桐谷美玲/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
  • 山崎賢人/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
  • 坂口健太郎/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
  • 桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎、/『ヒロイン失格』完成報告記者会見
桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎が6月21日(日)、映画『ヒロイン失格』の完成報告記者会見に出席。詰めかけたファンの歓声を浴びた。

幼なじみの利太と結ばれると信じて疑わない妄想女子高生・はとり。だが、利太はクラスの地味な女子と付き合うことになり、彼を取り戻すべく作戦を開始する。そんな折、なぜか校内一のモテ男・弘光に好意を打ち明けられ…。

桐谷さんらは劇中の制服姿で登場したが、なぜか英勉監督も制服を着て登場し会場は爆笑! 監督は「出オチのようなことをさせられ…」と苦笑するが、山崎さんは「スタイルいいから似合ってる」と持ち上げつつ、桐谷さんは「逆に出オチ感がない。オチてない」とバッサリ。

桐谷さんは元々、幸田もも子の手による原作漫画のファンで「いつか実写化するならはとりをやりたい!」と思っていたそうで「念願がかなった」と語るが、その分、プレッシャーも半端ではなかったよう。完成した映画を見る直前は「死にそうな顔をしていた」とのことで「見終わるまでずっと『大丈夫かな?』と思ってました」と語るが、出来ばえには安心したようで「ようやくホッとしました」とも。

躊躇なく変顔にも挑戦しているが映画化が決まる前から「ずっと一人で練習してきた」と気合いをうかがわせる。山崎さんはそんな桐谷さんの変顔を「ものすごく崩してるのに、ものすごくキュート!」と称賛。これに対し「嘘だよ~」(桐谷さん)、「ホントだよ」(山崎さん)、「アゴ出てるし!」(桐谷さん)、「アゴ出ててもかわいいし」(山崎さん)と少女マンガのようなやり取りを生で見せ、会場は悲鳴のような歓声に包まれた。

制服姿についても「ギリギリアウトかな…?」という桐谷さんの言葉を山崎さんも坂口さんも真っ向から否定。山崎さんは「むしろ、“セーフ”なんていう言い方するのが失礼なくらい(イケている)」と太鼓判を押す。坂口さんは「中高とずっと学ランで、ブレザーは憧れだったので(笑)」と卒業後数年を経て念願のブレザーにそでを通して嬉しそうだが、さすが「MENS-NON-NO」のモデルだけあって、何気ない着こなしにかっこよさがあふれる。

苦労した撮影については桐谷さんは、はとりが池に突き落とされる「池ポチャ(笑)」を挙げ「冬に池に入れたらダメ!」と監督を叱責。山崎さんは歩道橋でのシーンで寒さに震えたそうで「その日あたりから“バンビ”って呼ばれるようになった(苦笑)」と恨めし気に語る。坂口さんは、遊園地の観覧車のシーンの撮影が夜通しで行われたことを振り返り「テストで1周、本番で1周、別の角度からもう1周と何周したか…」とうんざりした表情で明かした(監督によると「20~30周は余裕でしている」)。

改めて桐谷さんは完成した映画について「笑って、泣けて、きゅんとする!」と猛アピール。会場は期待を込めた大きな拍手がわき起こった。

『ヒロイン失格』は9月19日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top