【特別映像】『ジュラシック・ワールド』クリス・プラット、腰ふりダンスが止まらない!?

映画

クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』 - (C) Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』 - (C) Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』 - (C) ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』 - (C) ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 【特別映像】『ジュラシック・ワールド』クリス・プラット、腰ふりダンスが止まらない!?
巨匠スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、世界最高のテーマパークを創りあげた『ジュラシック・ワールド』。このほど、主演を務めるクリス・プラットが6月21日に36才の誕生日を迎え、さらに全世界の歴代オープニング記録を塗りかえる歴史的大ヒットとなったことを記念して、マイペースでユーモアたっぷりなクリス・プラットの撮影風景を収めた特別映像が解禁となった。

あの『ジュラシック・パーク』から22年…。予期せぬトラブルにより開業には至らなかった地球史上最大のテーマパークが、想像をはるかに超える壮大なスケールで今年ついにオープンを迎える。

6月12日(金)に全米を始めとした66の国と地域で封切られ、全世界オープニング興収5億2,410万ドルという数字を樹立した本作は、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』を抜いて歴代オープニング全世界興行収入記録、第1位を記録。このオープニングから5億ドル突破という記録は映画史上初めてとなる驚異的なスピードで、アメリカ国内においても『アベンジャーズ』(2億740万ドル)を超える2億880万ドルという断トツの数字で第1位となっており、まさに“地球規模”のメガヒットとなっている。

そして今回、主人公のヴェロキラプトルの調教師オーウェン役を演じるクリス・プラットの誕生日に合わせて、彼の撮影風景を集めた映像が到着。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でも垣間見せた、ユニークで気取らない性格が魅力のクリスは、歴史的大ヒット作の撮影現場でもそのマイペースぶりは健在だったようだ。

アクションシーンの撮影前には、「準備体操はダイナミックに」となぜか過剰なまでの腰ふり・足上げ・もも上げを披露したかと思えば、全力疾走した本番直後の“適当すぎる”コメントにはスタッフも爆笑。バイクの疾走シーンでも超リラックスした様子で撮影に臨み、実は苦手だった口笛を何度も練習している意外な姿も映し出されている。



さらに、人気のハリウッドスターらしからぬ変顔のみならず、腰ふりダンスがどうにもとまらないクリスの様子に、スタッフから「調子に乗るからカメラを向けるな(笑)」と注意されてしまうほど。最後には、あのテーマ音楽をアカペラで披露し、「いまの録音して使ってよ」と、どこまでもお茶目なキャラを爆走している。



映像からも笑いの絶えない現場だったことが伺える本作だが、「(演じた)オーウェンは真面目な男なんだ」と、プラットは説明。「ストイックで行動力があり、ふざけた面が全くない男だから、僕には難しかったよ。僕には生まれつきおどけた部分があるから、シーンに挑む前に封印するよう自分に言い聞かせる必要があった」と、“役作り”に苦心(?)していたことを明かしてくれた。

『ジュラシック・ワールド』は、8月5日(水)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top