米倉涼子、ハリウッド進出に向け監督を脅迫?

最新ニュース

米倉涼子/『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
  • 米倉涼子/『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
  • エリザベス・オルセン/『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
  • エリザベス・オルセン/『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
  • エリザベス・オルセン、ジョス・ウェドン監督、竹中直人、米倉涼子、宮迫博之/『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
  • 米倉涼子、エリザベス・オルセン/『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
  • エリザベス・オルセン/『アベンジャーズエリザベス・オルセン/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
  • エリザベス・オルセン、ジョス・ウェドン監督、竹中直人、米倉涼子、宮迫博之/『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
  • エリザベス・オルセン、ジョス・ウェドン監督、竹中直人、米倉涼子、宮迫博之/『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミア
現時点で世界歴代5位の興行収入を記録している『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミアが6月23日(火)に開催。来日中のエリザベス・オルセン、ジョス・ウェドン監督、日本語吹き替えを担当した竹中直人、米倉涼子、宮迫博之が出席した。

マーベル・コミックのヒーローたちが集結した『アベンジャーズ』シリーズの最新作。地球を守る存在として“アイアンマン”トニー・スタークが開発した人工知能によるシステム“ウルトロン”が、人類こそ地球の平和を脅かす最大の敵と認識し、牙をむく。アベンジャーズは人類を守るべく戦うが…。

会場脇に止まった車からエリザベスが下りると沿道からは歓声が飛ぶ。エリザベスは全身「ディオール(Dior)」の黒いドレスで優雅にレッドカーペットを歩いた。舞台挨拶では、本作からのシリーズ参加についてエリザベスは「最初は緊張したし、ワクワクする気持ちもありました。素晴らしいメンバーの一員になれたことに感謝しています」と笑顔で語った。実験で生み出された超能力を持つスカーレット・ウィッチを演じたが、「これからも演じ続けられるというのが嬉しい。日本のみなさんにも早く観てほしいです。大きな愛、復讐心、そして怒りを抱えたキャラクターであり、これからどうなっていくのか? 見守ってほしいです」と呼びかけた。

米倉さんは前作に続いてスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの日本語吹き替えを務めたが、声だけでなく生身の女優として本シリーズへの出演を熱望! 前作に続き顔を合わせたウェドン監督に、ドスを利かせた声で(?)「前回(来日した際に)もオファーしていましたが、残念ながら出演することはできず…。しつこく(笑)、もし日本でのストーリーがあれば、ちょっとでも出させていただければ」と次回こそはと出演を懇願し、これには監督も「今度こそお約束します! 指切りします」と誓っていた。

“愛”がテーマの本作。ホークアイの声を担当した宮迫さんは「自分も病気をして、家族のために死ぬわけにいかないホークアイと重なる部分がありました」と家族への思いを口にする。監督は「ひとりひとりのヒーローたちがすごい力を持ってはいますが、単に力を持っているだけでは意味がありません。愛する者や互いを守るためにその力を使うこと、家族への愛、自分がいる社会への愛こそが重要なのです」と説き、さらに「この映画は自信作です。実は今日、誕生日なのですが、大好きな日本で温かく迎えていただき最高のバースデイプレゼントをいただきました」と日本のファンへの感謝を口にした。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は7月4日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top