福士蒼汰主演“月9”「恋仲」主題歌に家入レオ! 「私の今を刻んだ歌」

最新ニュース

「恋仲」の主題歌を担当する家入レオ
  • 「恋仲」の主題歌を担当する家入レオ
  • 「恋仲」- (C) フジテレビ
映画やCMなど幅広いジャンルで活躍をしているいま最も旬な俳優、福士蒼汰を主演に迎えた“月9”ドラマ「恋仲」。ヒロインの本田翼を始め、恋敵役の野村周平ら実力派若手キャストが集結した本作の主題歌に家入レオの楽曲「君がくれた夏」が決定した。

福士さん演じる主人公・三浦葵は、富山生まれ富山育ち、気弱で夏嫌いの優柔不断男。初恋の相手と運命の再開を果たした主人公が、恋敵との複雑な友情をはらませつつ、葛藤に引き裂かれ、さまざまな障害に七転び八起きしながら、“本当の恋”をつかんでいく姿を描き出す。

デビュー4年目を迎え、現在14都市15公演、約2万人を動因する全国ワンマンツアーを開催中の家入さん。主題歌に決定した「君がくれた夏」は通算5作目のドラマ主題歌となっている。主演の福士さんとは、家入さんが月9主題歌を初めて担当した「海の上の診療所」以来のタッグとなり、自身初ツアーの赤坂BLITZS追加公演に福士さんがお忍びで訪れたり、「僕らの音楽」出演でトーク対談相手として福士さんが出演したり、と同世代の夢を語り合った仲でもあるそう。そして今回、福士さんにとってゴールデン連続ドラマ初主演となる作品の主題歌を家入さんが務めるという形で“夢”の共演が実現した。

この決定を受け、家入さんは「福士さんを始めとする素敵な出演者のみなさんが作り出すドラマの世界に恥じないよう、そして見ている方の心に少しでも何か残せたらいいな、と思って今回主題歌を制作しました」と楽曲作りに込めた想いを明かす。さらに、「デビューして4年目に入り、色んな経験をさせていただく中で見えなかったものが見えるようになったり、重たかったものを手放せたり、前より自分の音楽とシンプルに向き合えるようになってきました。そんな私の今を刻んだ歌になりました。新しいけど、懐かしい。そんな雰囲気に包まれたミディアムナンバーになっているので、ドラマとともにぜひ楽しみにしてもらえたら、と思います」と語った。

先日、富山県で無事クランクインを迎えた本作。主演を務める福士さんは、「家入さんの歌声が『恋仲』の淡い、せつない世界に溶け込んでいくと信じています。主題歌を聴いてドラマを思い出すことがあると思いますが、そんな曲になったらいいなと思います」と期待を膨らませていた。

プロデューサーである藤野良太氏も「お二人のお芝居にキュンキュンしている」と言うほど、“胸キュン”必至の本作。ドラマのストーリーはもちろん、家入さんのせつなく胸を焦がす楽曲にも注目したい。

「恋仲」は7月より毎週月曜日21時~フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top