朝ドラ女優・清水富美加、「となりの関くん」ヒロイン役に

最新ニュース

清水富美加扮するヒロイン・横井るみ
  • 清水富美加扮するヒロイン・横井るみ
  • 清水富美加扮するヒロイン・横井るみ
  • 清水富美加扮するヒロイン・横井るみ
渡辺佑太朗、トミタ栞というフレッシュな若手俳優を迎え、累計発行部数320万部突破の大人気コミック「となりの関くん」と業界で大注目の「るみちゃんの事象」を原作に実写ドラマする「となりの関くんとるみちゃんの事象」。この度、「となりの関くん」パートのヒロイン役に、朝ドラ「まれ」に出演中の女優・清水富美加が追加キャストとして発表された。

清水さんは、2009年より「ラブベリー」(徳間書店)の専属モデルとして本格的に活動をスタートさせ、2011年には「仮面ライダーフォーゼ」のヒロイン・城島ユウキ役で初の連続テレビドラマ出演を果たす。その後、天真爛漫なキャラクターが人気を呼び、現在放送中のNHK連続ドラマ小説「まれ」では主人公の親友・蔵本一子役を好演。女優業以外にも、スペースシャワーTVの音楽&カルチャー情報番組「スペシャエリア」で毎週レギュラーVJを務めるど、映画や舞台、バラエティ番組など多方面に活躍する若手女優だ。

そんな清水さんが今回演じるのは、「となりの関くん」のヒロイン・横井るみ役。授業中にドミノ、将棋、ゴルフ、ラジコンなど…先生に隠れて様々な遊びに没我する謎の男子生徒・関くん。そんな彼の隣の席の真面目な女の子の横井るみは、自由で斬新な遊びをし続ける彼に翻弄されながらも魅了されていくという役どころだ。

本作への出演について「『となりの関くん』は、周りで読んでいる人が多いので出演することに謎の申し訳なさがあります(笑)。しかしなるべく横井さんに近付いて、でも自分の良さも失わずに望めたら良いなと思います」と清水さんなりの横井るみを演じることに意欲十分の様子。

また、授業中に「心の声」で演じるという難しい設定について「台詞でのお芝居が少なく、リアクションでのお芝居が多いので、難しくて奮闘してます。楽しんでいただけたら幸いです」とコメディ仕込みの表情の豊かさを活かした、キュートでコミカルな演技を期待させるコメントを寄せた。

ドラマ「となりの関くんとるみちゃんの事象」は、MBSにて7月26日(日)毎週日曜 24:50より、TBSにて7月28日(火)毎週火曜25:11よりスタート。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top