宮崎駿の「赤毛のアン」ほか名作レイアウトなど資料を展示「THE 世界名作劇場展」

最新ニュース

「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
  • 「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
  • 「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
  • 「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
  • 「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
  • 「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
  • 「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
  • 「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
  • 「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
日本アニメーションは2015年に創業40周年を迎えた。同社の代表作「世界名作劇場」もシリーズ40周年を迎える。
これを記念して企画展「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」が東武百貨店 池袋店にて開催される。会期は7月30日から8月18日までとなる。 

「THE 世界名作劇場展」は、日本アニメーションが制作した『フランダースの犬』や『あらいぐまラスカル』などの名作の制作資料や原画などを紹介する。当時のアニメを代表する作品群は、その丁寧な仕事でも知られている。展覧会は日本アニメーションの歴史を振り返り、同時に日本のアニメ史の一端を知る手掛かりにもなりそうだ。

なかでも注目は宮崎駿さんによる『赤毛のアン』レイアウト原画30点の一般初公開だ。「世界名作劇場」第5作目の『赤毛のアン』は、高畑勲監督のもとで、宮崎さんがシリーズ前半の場面設定を担当した。直筆のレイアウトはファン必見の内容になるだろう。
さらに作品の世界観を表現するために描かれたイメージボードも公開。アニメーションの神様と称される森やすじさんによる『フランダースの犬』『シートン動物記 くまの子ジャッキー』『シートン動物記 りすのバナー』のイメージボードは、歴史的資料としても貴重なものである。

背景美術は『赤毛のアン』『ふしぎな島のフローネ』などを担当した井岡雅宏さん、『母をたずねて三千里』を担当した椋尾篁さんを中心に、美術監督の作品を多数展示。そのほか「世界名作劇場」シリーズだけでなく、『未来少年コナン』『みつばちマーヤの冒険』など日本アニメーションを代表する作品も含めた原画100点が初公開される。
登場する魅力的なキャラクターの設定や、物語の人々の生活の様子まで感じとれる美術設定を見ながら、作品の魅力に触れることができる。
入場料は一般・大学生800円、中・高校生600円、小学生以下無料。東京での開催以降、2年間をかけて全国巡回を予定している。
[高橋克則]

「THE 世界名作劇場展 ~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
会期: 2015年7月30日(木)~8月18日(火)午前10時~午後8時
入場料: 一般・大学生800円、中・高校生600円、小学生以下無料

THE 世界名作劇場展  宮崎駿の「赤毛のアン」レイアウト原画30点などを展示

《高橋克則》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top