“妄想”パン屋に年下イケメン…男を翻弄するジェマ・アータートンの魅力とは?

映画

『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
  • 『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
  • 『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
  • 『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
  • 『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
  • 『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
  • 『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
  • 『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
  • 『ボヴァリー夫人とパン屋』-(C) 2014 - Albertine Productions -Cine-@ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute
フランス映画祭でも注目を集めた、『ココ・アヴァン・シャネル』『美しい絵の崩壊』のアンヌ・フォンテーヌ監督作『ボヴァリー夫人とパン屋』。劇中で男たちを次々に翻弄し、早くも映画関係者から「いままでの出演作の中でも断トツに魅力的」と評判を呼んでいる、英国女優のジェマ・アータートンに迫った。

パリから故郷ノルマンディーの美しい村に戻り、父親のパン屋を継いだ文学好きのマルタン。毎日の単調な生活の中でとりわけ、ぼろぼろになるまで読みふけっているのは、ノルマンディーを舞台にしたフローベールの「ボヴァリー夫人」だ。

そんなある日、隣の農場に英国人のチャーリー&ジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは、自分の作ったパン・ド・カンパーニュを官能的に頬張るジェンマに魅了され、日々、彼女から目が離せなくなる。ところが、ジェマが年下の男と不倫するのを目撃したマルタンは、このままではジェマが小説の“ボヴァリー夫人と同じ運命を辿るのではないか?”と、妄想が膨らみ始め…。

フランスで4週連続NO.1の大ヒットを記録した本作は、有名小説の世界と現実世界とを混同する“妄想”パン屋が巻き起こす、官能的でユーモラスな新感覚なドラマ。先日、フランス映画祭2015でも上映され、注目を集めた。

『007/慰めの報酬』ではオルガ・キュリレンコとともにボンドガールに抜擢され、『タイタンの戦い』『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』ではファンタジー大作のヒロインを務めたジェマ。さらに『アンコール!!』では清楚で恋愛ベタな音楽教授、『ビザンチウム』ではヴァンパイアを演じるなど、いまやあらゆる役柄を巧みに演じ分けている。

キャッチコピーが“あなたは私を発酵させるー”という本作では、パン・ド・カンパーニュの香りをかぐ表情や、それを口にする仕草が妖艶で、あるときは幼い少女のようにも、またあるときは官能的な大人の女性にも見えると評判。惜しげもなく、美しい裸体も披露する。

そんな彼女を巡っては、劇中でも男たちが争わない訳がなく、主人公のパン屋を始め、まじめだけが取り柄の夫、遊び人の元カレ、さらには年下のイケメンまでもが彼女の虜に!  果たして、彼女が選ぶ男は誰なのか? 本作をいち早く観た映画ライターたちから「映画史上類を見ない衝撃のラスト」「全く予想できない結末だった」という声が寄せられている本作。その衝撃のラストは、スクリーンで確かめてみて。

『ボヴァリー夫人とパン屋』は7月11日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top