イケメン・中川大志、ホラー『青鬼』撮影中、一人でトイレ行けず!

最新ニュース

中川大志、平祐奈/『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
  • 中川大志、平祐奈/『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
  • 平祐奈/『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
  • 中川大志/『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
  • 松島庄汰/『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
  • 中川大志/『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
  • タモト清嵐/『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
  • 『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
  • 中川大志、平祐奈、松島庄汰、久松郁実、勧修寺玲旺、タモト清嵐、前川英章監督/『青鬼 ver.2.0』初日舞台挨拶
映画『青鬼 ver.2.0』が7月4日(土)に公開を迎え主演でイケメン俳優として注目の中川大志、平愛梨の妹で、姉を上回る天然キャラとダジャレで話題の平祐奈をはじめ、松島庄汰、久松郁実、勧修寺玲旺、タモト清嵐、前川英章監督が舞台挨拶に登壇した。

ニコニコ動画で火がついた人気のホラーゲームを原作に、“ジェイルハウス”と呼ばれる屋敷で恐ろしい青鬼に主人公たちが追われる恐怖を描き出す。

登壇陣は全員、“青鬼”にちなんで青系の浴衣姿で登場し会場は歓声に包まれる。平さんは、冒頭の挨拶で「青鬼の恐怖が今日、降ってきます!」といきなりのジャブで会場をわかせ、その後も「みんなで浴衣を着れてよかったぁ!」「青鬼を見てブルーブルー震えてください!」と連発する。そんな平さんだが、自身はホラー映画が苦手なようで、完成した映画のDVDを渡されるも一人では見られず「家で、母とお姉ちゃん(=平愛梨)に挟んでもらって見た」とのことだが「始まった瞬間に2人とも寝ちゃった!」と苦笑交じりに明かし、会場は笑いに包まれた。

久松さんは、そんな平さんに「現場では松島さんとタモトさんがメロメロですごかった(笑)」と暴露。2人は悪びれることなく「本当にかわいくて太陽でした!」(松島さん)、「どう考えてもかわいい。癒しをありがとうねぇ(笑)」(タモトさん)と壇上でもデレデレ。平さんのダジャレ連発にも松島さんは「かわいいと何でも許されるんですね」と大甘だった。

中川さんは本作で初主演を務めたが「もちろん、プレッシャーはありましたが、台本を読んでこの世界観には入れるとワクワクしました。初めての経験ですごく楽しい現場でした」と述懐。撮影中に宿泊したのは、ロケ現場と同じ“ジェイルハウス”だったそうで「雰囲気がすごく怖くて、(松島さんに)一緒にトイレに付いてきてもらってました(笑)」と明かし、会場の女性ファンからは悲鳴のような歓声が上がっていた。

『青鬼 ver.2.0』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top