声優・悠木碧、“1秒間11文字”の超絶ナレーションに思わず「つらたん…」

最新ニュース

声優・悠木碧
  • 声優・悠木碧
  • 声優・悠木碧(収録風景)
アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公などで知られる人気声優・悠木碧が、集英社創刊のライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」のTVCMに出演。「伝えたいことが多すぎる!ダッシュエックス文庫!!」と題されたこのCMで、30秒間で330文字もの量を音読する超早口に挑戦! 完成したCMと、そのメイキング映像があわせて公開された。

声優・悠木さんは、前述した「魔法少女まどか☆マギカ」(鹿目まどか役)ほか「七つの大罪」(ディアンヌ役)「妖怪ウォッチ」(未空イナホ役)など数々の人気作に出演し、2011年度の第6回声優アワードでは歴代最年少の19歳で主演女優賞を受賞するなど、その高い演技力に定評がある実力派。幼少期から芸能界デビューしており、バラエティ番組「あっぱれさんま大先生」にも出演していた経歴を持つ。また同じく声優の竹達彩奈とユニットを組みアーティスト活動も行うなど、今後も幅広い活躍が期待される。

今回、悠木さんが挑戦したのは、集英社が昨年創刊し人気を博す新ライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」のTVCM。実は悠木さんは、本レーベルから初めてアニメ化される「六花の勇者」でヒロインを務めることが決定しており、同作の放送を記念して今回の起用に繋がったのだとか。

本CMのナレーションでは、同レーベルの人気作「クロニクル・レギオン」を題材に、30秒の間に330文字のもの量を音読。この文字量は、ナレーションや話し方のプロと言われるアナウンサーが1分間に300文字(30秒で150文字)を基本とする中、その倍以上の文字量。さらに、抑揚を付けてのチャレンジには“早口言葉が得意”だという悠木さんも「これはマズイぞ、普通に5,6回間違えるかもしれないですね」と苦笑いしたそう。

解禁されたメイキング映像内では練習中に「つらたん…。」と弱音を吐く姿が…。しかし、聞き取りやすさを前提にしながらも抑揚を付け、伝わりやすさにこだわりながら、本番ではたった1回のチャレンジで見事OKテイク。切り貼りや速度を変える編集など一切せずに、30秒間に収めるその妙技を、ぜひメイキング映像と共に確認してほしい。



「ダッシュエックス文庫」では、同じ集英社が誇る「ジャンプ」各誌でのコミカライズをはじめ、アニメ化、映画化など様々なメディアミックスが今後展開される予定とのこと。悠木さんも「どの作品も凄く面白くて好きなキャラクターばかりなので今後もどんどんアニメ化されるといいなと思っています」と期待しているように、ファンならずとも今後の動向に注目したい。

「伝えたいことが多すぎる!ダッシュエックス文庫!!」CMは7月4日より順次放送予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top