AKIRA、“消防”ドラマ「HEAT」に続く映画化が始動!

映画

AKIRA/『DRAGON』(仮)
  • AKIRA/『DRAGON』(仮)
  • 「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」シンボルマーク 総務省消防庁提供
  • 実際の「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」 総務省消防庁提供
  • AKIRA/ドラマ「HEAT」
  • ドラマ「HEAT」
「EXILE」のAKIRAが、総務省消防庁の全面協力のもと主演を務める7月7日(火)スタートのドラマ「HEAT」。このほど、ドラマに引き続いてAKIRAさんが主演を務め、大規模特殊災害の現場で命をかける日本最高峰の消防部隊を舞台にする映画『DRAGON』(仮)の製作が決定した。

本作『DRAGON』(仮)は、石油コンビナート・化学プラントなどでの火災や爆発といった、大規模な特殊災害の現場で、命をかけて立ち向かう男たちのスペクタクル・エンターテインメント。人命のみならず、それぞれの絆、そして国土を守ろうとする彼らの愛と勇気、厳しい訓練の中で衝突しながらも徐々に育まれる友情と団結、常に危険と隣り合わせの彼らを取り巻く家族や恋人の想いを、つぶさに描き出していく。

このメディアミックスプロジェクトは、総務省消防庁が本作でも描かれる「エネルギー・産業基盤災害即応部隊(ドラゴンハイパー・コマンドユニット)」を創設したことをきっかけにスタート。プロジェクト原作として、ある勇敢な消防士の死をめぐり、遺された者たちの葛藤と再生を描いた小説「ファイアマンの遺言」(秦建日子/角川文庫)が6月20日(土)に発売され、7月7日(火)からは、エリートビジネスマンが仕事のために潜入した町の消防団で人間的な成長を遂げていく姿を描く連続ドラマ「HEAT」がスタートする。

今回の舞台となる“ドラゴンハイパー・コマンドユニット”とは、東日本大震災の教訓を踏まえ、石油コンビナートや化学プラントなどのエネルギー・産業基盤の被災に備えて、緊急消防援助隊に創設された特殊災害対応に特化した精鋭部隊。この名称は、江戸時代の消火道具「竜吐水(りゅうどすい)」にちなんで名付けられている。

監督を務めるのは、『アンフェア the movie』の小林義則。脚本は、『ソロモンの偽証』や日本アカデミー賞「最優秀監督賞」を受賞の『八日目の蝉』で知られる成島出が執筆する。主人公・池上タツヤを演じるのは、ドラマと同じくAKIRAさん。ドラマでは、街の再開発を画策する不動産会社のエリートビジネスマンが消防団に入団する設定だが、映画ではどのような形で登場するのか、ドラマの行方がポイントとなりそうだ。

AKIRA コメント
小説、ドラマ、そして映画と、この壮大な消防プロジェクトの一員として主演をさせていただけることの重大さを改めて痛感しています。同時にドラマ「HEAT」への気持ちもより引き締まりました。まずはドラマで、“絶対に諦めない”という信念を持つ池上タツヤという人物像を深く濃く築きあげて、映画に繋げていきたいですね。

僕自身、こういった作品に携わることによって、規模の大小は関係なく災害に対する防災意識は高くなりました。このプロジェクトを通して、消防士・消防団の仕事への興味や防災への関心を、皆さまと共に意識していければと思います。総務省消防庁や東京消防庁をはじめ、たくさんの方々にご協力いただいている感謝を胸にドラマも映画も盛り上げていきたいですね。

不動産会社のエリートビジネスマンのタツヤが、どのような立場で「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」に携わることになるのか。皆様にはドラマの行方にご注目いただきつつ、プロジェクトの集大成となる映画にもご期待ください!

『DRAGON』(仮)は2016年・春よりクランクイン。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top