シュワちゃんの「I'll be back」にファン熱狂! 西内まりやも興奮!

最新ニュース

アーノルド・シュワルツェネッガー/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
  • アーノルド・シュワルツェネッガー/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
  • 西内まりや/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
  • エミリア・クラーク、アーノルド・シュワルツェネッガー/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
  • アーノルド・シュワルツェネッガー/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
  • アーノルド・シュワルツェネッガー/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
  • エミリア・クラーク、アーノルド・シュワルツェネッガー/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
  • アーノルド・シュワルツェネッガー/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
  • 西内まりや、エミリア・クラーク/『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパン・プレミア
『ターミネーター』シリーズでは実に12年ぶりの来日を果たしたアーノルド・シュワルツェネッガーと最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』にてサラ・コナーを演じているエミリア・クラークが7月6日(月)に都内で行われたジャパン・プレミアにそろって出席した。

機械軍との戦いの勝利のカギとなるサラを守るため、未来から1984年に送り込まれたカイル・リースだったが、なぜか知らされていた状況とは過去は大きく異なっており、守るはずのサラは“オジサン”と呼ぶT-800型のターミネーターを相棒にしており…。書き換えられた過去の世界で、人類の勝利のための戦いが繰り広げられる。

この日はあいにくの天候となったが、雨が降り続ける中、熱狂的なファンが会場のレッドカーペットの周辺を埋め尽くした。『ターミネーター』シリーズのプロモーションとしては『ターミネーター3』以来の来日となったシュワルツェネッガーがレッドカーペットに姿を見せると、会場は興奮に包まれた。

ステージに上がったシュワルツェネッガーは「12年前にここで『I'll be back.』(また戻って来る)と約束しました。ターミネーターは必ず約束を守ります」とニヤリ。そして来日を待ち望んだファンに「何度『ありがとう』と言っても言い足りないくらいの感謝の思いでいっぱいです。アリガトウ!」と感激を伝えた。映画の中ではサラを殺すために送り込まれたターミネーター、サラを守るために存在するT-800の二役を同時に演じているほか、時代ごとにターミネーターが年齢を重ねていく姿も見せている。シュワルツェネッガーは特にアクションシーンについて「重量級の2人の激しい戦いはものすごいことになってます!」とファンの期待を煽った。

米国の映画情報サイトの選ぶ「世界で最も美しい顔100人」で1位に輝いたエミリアにも、ファンから熱烈な歓声が飛ぶ。真っ赤なドレスに身を包み、レッドカーペットを歩いたエミリアは「ニッポン、アリガトウ!」と日本語で挨拶。サラ・コナーというシリーズのファンにとって非常に重要で有名な役を演じることに「プレッシャーもあった」と漏らしつつ「演じ切りました!」と自信ものぞかせる。シュワルツェネッガーとの共演については「あのアーノルド・シュワルツェネッガーが私の“オジサン”のような存在で、私を守ってくれるなんて、とってもシュールだったわ!」と満面の笑みで振り返った。

この日は、シリーズの大ファンを公言し、日本で本作の宣伝大使を務める西内まりやも来場し、シュワルツェネッガーとの感動の対面! 「5歳くらい、物心ついた時から両親の影響で家では『ターミネーターがつけっぱなしになってて、最初に見たのは『ターミネーター2』で…」と興奮気味に語る西内さんをシュワルツェネッガーは優しき抱き寄せキス! 西内さんは「明日になりたくない! 『夢だった』と思うと思う…」と感激した面持ちだった。

シュワルツェネッガーは最後もやはり「I'll be back!」で締めて、興奮冷めやらぬままにジャパンプレミアは幕を閉じた。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月10日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top