アニメ「寄生獣」、米国最大のアニメチャンネルでの放送が決定

最新ニュース

「PARASYTE -THE MAXIM-」 - (C) H・I/K・V・N・F
  • 「PARASYTE -THE MAXIM-」 - (C) H・I/K・V・N・F
  • 「寄生獣~セイの格率~」- (C) 岩明均/講談社・VAP・NTV・4cast
染谷将太主演で大ヒットを記録した映画『寄生獣』の同原作のアニメ版シリーズ「寄生獣~セイの格率~」が、全米最大の老舗アニメ専門チャンネル「Cartoon Network」にて10月より放送されることがこのほど決定した。

岩明均原作の人気コミックを、『サマーウォーズ』などで知られる「マッドハウス」がアニメ化した本シリーズ。2014年10月に日本で各話が放送された直後に、100か国・地域以上で放送・配信され、米国、ヨーロッパ、中東、アフリカでは、アニメを中心としたネット配信会社「クランチロール」の人気作品トップ5に入るほど、世界的な人気を博している。

さらにアジアにおいても、台湾や東南アジアで有料放送チャンネル「アニマックス」が同日に放送し、韓国でも有料放送チャンネル「アニボックス」などで翌日に放送され、引き続き高い人気を誇っている。

このほど本作の放送が決定した「CartoonNetwork」は、現在、米国の大手放送局で日本のアニメを放送するほぼ唯一のチャンネルであり、今までも日本の人気アニメを数多く放送している。2012年から土曜日夜に日本アニメを集中的に放送する「Toonami」をスタートし、「寄生獣~セイの格率~」は英語版タイトル“PARASYTE -THE MAXIM-”として、同放送枠にて放送される。

「Toonami」枠で放送される番組タイトルは多いものの、日本の新作アニメが米国の大手局で放送されるのは極めて難しく、ワンシーズンに1作品か2作品あるかどうかであり、今回の決定は数少ない事例である。日本テレビのアニメ作品としては過去に、「DEATH NOTE」「天地無用!GXP」を放送している。

本年度のアニメ化や映画化の成功により、原作のコミックは発行部数を伸ばし、現在累計発行部数は1,500万部を越えている。今回の「Toonami」での放送決定により、世界中で「寄生獣」旋風が巻き起こりそうだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top