写真家・川島小鳥も注目!『共犯』台湾美少女ヤオ・アイニン緊急来日決定

最新ニュース

『共犯』Double Edge Entertainment (C) 2014 All rights reserved.
  • 『共犯』Double Edge Entertainment (C) 2014 All rights reserved.
  • 『共犯』Double Edge Entertainment (C) 2014 All rights reserved.
  • 『共犯』Double Edge Entertainment (C) 2014 All rights reserved.
昨年10月に開催された第27回東京国際映画祭<ワールド・フォカス部門>に出品され、正式公開が切望されていた台湾の青春映画『共犯』。このたび、本作でヒロイン役のシャー・ウェイチャオを演じたヤオ・アイニンの緊急来日が決定した。

3人の男子高校生が、偶然同じ高校の女生徒の死に遭遇し、彼女の死の真相を探ろうとする本作。謎の死を遂げた美少女シャー・ウェイチャオを演じたのが、モデル出身で、本作が映画デビュー作となる新人女優、ヤオ・アイニン。

アイニンがまだモデルになる前、素人だった頃の彼女を発見し、撮影していたのが、なんと日本人の写真家・川島小鳥。佐渡島に住む3歳の女の子を被写体にした写真集「未来ちゃん」で講談社出版文化賞写真賞を受賞した川島さんは、最新刊「明星」では舞台を台湾に選び、「写真界の芥川賞」とも言われる木村伊兵衛写真賞を受賞した。その「明星」で被写体として数多く写っているのが、モデル活動を始める前のアイニン。『共犯』での陰りを帯びた雰囲気とは正反対に、こちらも思わず微笑んでしまうようなキュートな表情を見せつけている。

川島さんの出会いを機にファッション・ブランド「ネ・ネット(Ne-net)」のムック本カバーガールに抜擢されたり、台湾のカルピスCMに出演するなど着実に活躍の場を大きく広げているアイニン。さらに「明星」にも掲載されている写真が、銀杏BOYZの最新アルバム「光の中に立っていてね」のジャケット写真に使用されるなど、日本でもその活躍を目にすることができる。

本作の監督はチャン・ロンジーは「シャー役のキャスティングがいちばん苦労した。物語は彼女を中心に展開していく。しゃべらずとも、表情と佇まいだけで全てを語れる存在感を放っていなければならない。半年間オーディションを繰り返しても見つからなかった。どうしようかと頭を抱えていたときに、モデル活動を始めたばかりのヤオ・アイニンに出会った。一目見た瞬間、彼女しかいないと思ったよ」と、彼女の圧倒的な存在感が起用の理由であると語っている。

そんなアイニンの緊急来日がこのたび決定! 公開を直前に控えた7月23日(木)に開催される映画解説者・中井圭氏主催イベント「映活」第三弾のトークショーに写真家・川島さん、映画評論化・松崎健夫氏と共にゲストとして登場予定だ。

片や新進気鋭の台湾の映画監督、片や日本の同じく新進気鋭の写真家という、これからのアジアカルチャーを担っていくふたりの才能に見初められたヤオ・アイニン。今後スターダムに登っていくであろう彼女の初々しい演技は要注目だ。

映画『共犯』は7月25日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top