アントマン、アイアンマンの肩に忍び寄る…『アベンジャーズ』と夢のコラボ

映画

『アントマン』×『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』-(C)Marvel 2015
  • 『アントマン』×『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』-(C)Marvel 2015
  • 『アントマン』×『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』-(C)Marvel 2015
  • 『アントマン』×『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』-(C)Marvel 2015
身長1.5cmの映画史上最少のヒーローが登場する『アントマン』。この度、世界中でヒットを飛ばしている『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』との夢コラボポスター完成。アイアンマンの肩にちょこんと乗った最小ヒーローの姿が公開された。

仕事も人間関係も空回りばかりのスコット・ラング。仕事もクビになり、別れた妻と暮らす最愛の娘の良き父親でありたいと願うのに、養育費を払えないせいで娘と会うことすら禁じられ…、絶体絶命の彼にオファーされた唯一の“仕事”、──それは、体長わずか1.5cmになれる驚異の“スーツ”を着用し、未知なる潜在能力を持つ“アントマン”となることだった。謎の男ハンク・ピムにスカウトされたスコットは、ただ娘に会いたい一心で、選択の余地もなく渋々スーツを着ることを受け入れる。わずか1.5cm、アリサイズとなった男の人生をやり直す“セカンド・チャンス”を賭けた戦いが始まる――。

今回公開された『アベンジャーズ』とのコラボビジュアルは、3パターン。マイティー・ソーのハンマー“ムジョルニア”やキャプテン・アメリカのシールド、そしてあのアイアンマンの肩に乗っかってしまうという、なんとも挑発的なアントマンのキャラクター性が伺える遊び心溢れるユニークなビジュアルだ。

“1.5cm”という大きさがどれほど小さいものなのかが一目で分かるのだが、能力はアベンジャーズに匹敵するほど! “1.5cm”というサイズを利用して通気口、鍵穴、弾丸で開いた穴やアリの巣にまで入ってしまうという戦法と “170cm“越えの大男も吹き飛ばす力を持ち、そしてたまに大きくなって相手を翻弄するという、ずる賢い頭脳派最小ヒーローなのだ。

そんなアントマンのことを監督のペイトン・リードは「顔面を直撃する小さなアントマンには、普通の男が満身の力を込めてくり出すパンチと同じくらいの威力があるんです。悪者も、何が何だか分からないうちにガツン! とノックアウトされてしまう。目に見えない弾丸とでも言った感じですね」と最強のアベンジャーズにも劣らないパワーのアントマンを絶賛した。

『アントマン』は9月19日(土)より全国にて公開。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top