安田顕、映画初主演で脇役!? 『俳優 亀岡拓次』来年1月公開へ

映画

『俳優 亀岡拓次』- (C) 2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会
  • 『俳優 亀岡拓次』- (C) 2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会
  • 安田顕/『龍三と七人の子分たち』の完成披露試写会
いま「日本一チケットが取れない」と言われる5人組の人気演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーであり、『龍三と七人の子分たち』『ビリギャル』『新宿スワン』とヒット作に立て続けに出演する俳優・安田顕の初主演作『俳優 亀岡拓次』の公開が、来年1月に決定した。

昨今の脇役俳優ブームの中で、いま、最も注目を集める安田さん。そんな安田さんが演じるのは、テレビでも映画でも、現代劇でもドラマでも、見かけたことのある役者。見かけたことはあるけど…それがどこだったか、何という作品だったか、パッと名前が思い浮かぶこともない…という脇役俳優・亀岡拓次。泥棒、チンピラ、ホームレス…演じた役は数知れず。大作(の脇役)から自主映画(の脇役)まで、声がかかる限りどこにでもどんな役でも駆けつける、監督から重宝される俳優だ。趣味はお酒。撮影現場と酒場を行き来する日々を送っている。そんな地味な亀岡の人生が、居酒屋の女将に恋をして動き出す…。

五度の芥川賞候補にもなった作家・戍井昭人による著書「俳優・亀岡拓次」の映画化となる本作では、劇団を持ち俳優としても活躍する著者の“業界あるある”が満載。映画や舞台で巻き起こる、ヘンテコな人々によるおかしくて可笑しな事件は実話!? 独特な着眼点・発想による演出に定評のある新鋭・横浜聡子監督が手がける、国内外の映画祭で評価が高かった松山ケンイチ主演『ウルトラミラクルラブストーリー』以来6年ぶりの長編映画最新作となる。

今回の主演決定にあたり、安田さんは「映画の主演というお話をいただけたことに本当に嬉しく思っております」と喜びを口にすると共に、「戊井先生の原作を読ませて頂き、本当に面白く、その主人公である亀岡拓次を自分が演じられることに嬉しくもありプレッシャーも感じております。職業が俳優の主人公を演じるというのはとても得難い経験だったのと同時に難しかったです」と心情を明かした。

「亀岡が出演する映画は、青春もの、コメディ、時代もの…と多岐にわたります。毎日違う映画をつくっているかのような慌ただしい撮影の日々でしたが、振り返ると安田さんはいつも、現場の輪の中にごく自然に立っていて、何を言うわけでもなく、すうっとその世界へ入ってゆかれました。それはまさに俳優亀岡拓次そのもの、でした」と、横山監督は安田さんの確かな演技力に太鼓判を押す。

音楽は、「あまちゃん」で注目された大友英良が担当する本作。俳優・安田顕の“名脇役”ぶりを楽しみに待ちたい。

『俳優 亀岡拓次』は2016年1月、テアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top