『ジュラシック・ワールド』旋風、ついに“最後の公開国”日本へ! 監督&キャストが熱烈PR

最新ニュース

ニック・ロビンソン、ブライス・ダラス・ハワード、コリン・トレボロウ監督、タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
  • ニック・ロビンソン、ブライス・ダラス・ハワード、コリン・トレボロウ監督、タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
  • ブライス・ダラス・ハワード、木村佳乃/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
  • ニック・ロビンソン/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
  • ブライス・ダラス・ハワード/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
  • タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
  • ニック・ロビンソン、松岡茉優、タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
  • 玉木宏、コリン・トレボロウ監督/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
  • ブライス・ダラス・ハワード/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見
世界中で恐竜サイズのメガヒットを記録している『ジュラシック・ワールド』の来日記者会見が7月13日(月)、都内で行われ、コリン・トレボロウ監督、出演するブライス・ダラス・ハワード、ニック・ロビンソン、タイ・シンプキンスが出席。本作を熱烈PRした。

歴代オープニング全世界興行収入記録の第1位を樹立する歴史的ヒットスタートを切り、公開13日目にして10億ドルを超える一大旋風を巻き起こす本作。その世界最後の公開国となる日本でのプロモーションとあって、監督&キャストも意気込みは十分! シリース生みの親であるスティーブン・スピルバーグの指名で、大役を担ったトレボロウ監督は「模倣ではない、いまの時代に作られるべき新作が誕生した。だから、若い世代に支持されて、とてもうれしいんだ」と誇らしげ。「スマホやタブレットではなく、ぜひ映画館でこの“体験”を共有して」と熱弁した。

悲劇から20数年を経て、いまや1日に2万人の観光客が訪れるまでになった「ジュラシック・ワールド」が、遺伝子操作によって誕生した新種の肉食恐竜の脱走を機に、再びパニックに陥る。

施設の最高責任者クレア役で、約6年ぶりの来日を果たしたブライスも、「私が第1作『ジュラシック・パーク』を見た12歳の頃のように、いまの若者が夢中になってくれていると聞き、ワクワクしている。スピルバーグ、そして原作者のマイケル・クライトンが残したレガシー(遺産)を受け継ぐことができた」。さらに当時11歳で、父のロン・ハワード監督とともに来日した思い出を語り、「日本の皆さんが映画に注ぐ深い愛情に触れて、感動したのが昨日のことのよう。本当に来日を楽しみにしていた」と感極まっていた。

ジュラシック・ワールドを訪れるイケメン兄弟役を演じるニックとタイは、初来日。「これほど多くの人々に愛されるシリーズ、そして本作の一部になれて本当に光栄でうれしい。この作品は、次なる進化のステップになるはず」(ニック)、「このシリーズも恐竜も大好き。だから出演できて、夢がかなった気分。一番大変だったのは恐竜のシーンではなく、滝に飛びこむシーン。高所恐怖症なんだ…」(タイ)と語っていた。

会見には日本語吹替えキャストの玉木宏、木村佳乃、松岡茉優が駆けつけ、来日メンバーと対面。主人公・オーウェン(クリス・プラット)を演じる玉木さんは、「日本にも公開を楽しみにしている人がたくさんいるので、いい結果が出るのは間違いない」と太鼓判。木村さんは、「ブライスさんにも3歳になる娘さんがいるそうなので、うちの3歳の長女と一緒にお台場に遊びに行きたい」と滞在中の案内役を買って出た。また、タイ演じる少年役の松岡さんが、「アフレコ中はずっとタイくんの口元を見つめていたので、今日は初恋の相手に会ったみたい」と話すと、隣に座るタイは「そう言われると、不思議な気持ち」と照れ笑いを浮かべていた。

『ジュラシック・ワールド』は8月5日(水)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top