【インタビュー】地声コンプレックスの山本美月、ナレーション&歌唱挑戦で一転「声が武器」に

最新ニュース

「ピカチュウとポケモンおんがくたい」山本美月/photo:Hayato Ishii
  • 「ピカチュウとポケモンおんがくたい」山本美月/photo:Hayato Ishii
  • 「ピカチュウとポケモンおんがくたい」山本美月/photo:Hayato Ishii
  • 『ポケモン・ザ・ムービーXY 「ピカチュウとポケモンおんがくたい」』/(C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C) Pokemon (C) 2015 ピカチュウプロジェクト
  • 『ポケモン・ザ・ムービーXY 「光輪(リング)の超魔神 フーパ」』/(C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C) Pokemon (C) 2015 ピカチュウプロジェクト
  • 「ピカチュウとポケモンおんがくたい」山本美月/photo:Hayato Ishii
ファッション誌「CanCam」の看板モデルとして活躍すると同時に、女優としてのセンスも開花中の山本美月。ポケモン映画のシリーズ18作目『ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」』と同時上映の「ピカチュウとポケモンおんがくたい」ではナレーションを担当するほか、自身初となる歌唱場面にも挑戦している。「自分の声は独特でコンプレックス」と打ち明ける山本さんだが、収録中の“ある言葉”がその苦手意識を変えたという。

家族全員がゲームをプレイしているほどの“ポケモン”好き。それだけに山本さんは「プレッシャーもありましたが、家族も喜んでくれて“アルセウスがもらえるから、前売券ちょうだいね”と言われました」と家族の期待を背負ってアフレコ収録に臨んだ。

過去に声優経験はあるが、ナレーションは初。特定のキャラクターを演じるわけではないので、普段の山本さんの声がそのままダイレクトに画に乗ることになる。「目の前にいる子供たちに語り掛けるような声色を意識したけれど、自分の低い声で子供たちにきちんと伝わるか不安だった」と収録時の心境をふり返る。

劇中には、ポケモンたちとテレビアニメのエンディング曲「ガオガオ・オールスター」を合唱するシーンもある。「歌は苦手で、カラオケでもほかの人に比べて下手だと思うし、学校の音楽の時間の歌唱テストも苦手でした。だから今回もワンフレーズごとに“音程、合っていました?”とか確認して、慎重にやっていました」と苦笑い。

そんな体験から「自分の声は独特でコンプレックス」と思い込んでいた山本さんだったが、今回の起用がその感情を180度変えることに。「監督に“自分の声がコンプレックス”と伝えたら“声優業界ではその声が武器になるんだよ”と言われたんです。アフレコ中も“声優としてやってみない?”と褒めていただけた。こうやって自分の声が認められて、声で起用されたのは本当に嬉しい」と一転、山本さん自身も自らの声を武器として捉えている。

歌唱パートもハミング程度とオファーされたが「CDを聞きながら家で練習するのはもちろんのこと、色々な現場の楽屋でも歌って、丸々一曲覚えました」と与えられた課題以上の努力で応えた。それが功を奏した。「収録現場に行ったら、誰も“ラララ”とは言わず、歌詞が普通に置いてあって“あれ?”と思った」とポケモン・サプライズに遭遇しつつも、歌詞で練習した成果を存分に発揮した。

ゲスト声優を誰よりも喜んでくれた家族とは「恥ずかしくて一緒には観られない。前売券だけあげます」と笑うが「ニャースが私の声に対して答えてくれたり、ピカチュウが反応してくれたり、ポケモンが空気のように生活の中にある私としては本当に嬉しかった。しかも公開日は私の誕生日。まさに運命」と完成に胸を張る。

本編で声優を務めた中川翔子とも、同じアニメ好きとして交流を持つようになった。焼肉女子会を開いたそうだが「中川さんは“いつかは自分のDNAを残したい”というようなお話をされて、私も大学で生物系の勉強をしていたので、専門的なお話しもさせていただきました」とかなりディープな宴になった様子。そんな中川さんに感化されたのか、山本さんは「私もいつかDNAを残して、その子供たちにこの映画を自慢したい。だからサトシには、いつまで経ってもポケモンマスターにはならないでほしいですね」とウィットに富んだ返しで笑わせた。
《photo / text:Hayato Ishii》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top