押井守監督、清野菜名を主演に抜擢の理由は「人を殺しそうな可能性を感じた」!?

最新ニュース

金子ノブアキ、清野菜名、押井守監督/『東京無国籍少女』トークイベント
  • 金子ノブアキ、清野菜名、押井守監督/『東京無国籍少女』トークイベント
  • 清野菜名/『東京無国籍少女』トークイベント
  • 金子ノブアキ、清野菜名、押井守監督/『東京無国籍少女』トークイベント
  • 金子ノブアキ/『東京無国籍少女』トークイベント
  • 押井守監督/『東京無国籍少女』トークイベント
押井守監督最新作『東京無国籍少女』のトークイベントが7月16日(木)に都内で開催され、押井監督、主演の清野菜名、共演の金子ノブアキが出席した。

美術の高等専門学校に通う藍は才能にあふれ、将来を期待されるも、心の傷を抱え、周囲の期待や嫉妬に苦悩していた。やがて物語は思わぬ展開を見せ、藍の感情の爆発と共に衝撃のクライマックスを迎える…。

台風の接近が報じられる中、監督ら一行を乗せた車が渋滞に巻き込まれるというトラブルもあり、イベントは予定よりも十数分遅れてのスタートとなったが会場には多くのファンが詰めかけた。

現在、二十歳の清野さんはオーディションで藍役を勝ち取ったが、これまで押井監督のことや作品についてはほとんど「知りませんでした」と明かす。一方、金子さんは「どっぷりと通ってきました」と語る押井作品の大ファン。実は、ポーランド系の血を引いているという金子さんだが、押井監督がポーランドロケを敢行した『アヴァロン』をお気に入り作品に挙げ「この映画で初めてポーランドの景色を見ました」と明かし、今回のオファーについても「感慨深かったし嬉しかったです」と語る。

押井監督は「実は『パトレイバー』でも金子くんにオファーを出しかけてたんです」と告白。金子さんは「その話を聞いて、事務所への不信感が…(苦笑)」と心から残念そうに語り、会場は笑いに包まれた。また清野さんの起用について押井監督は「(藍役を)選ぶ基準がなかったんです。若い子を撮ったことがなかったので。これまでどちらかというと少しオバサンばかりで(笑)、若い子の顔は区別がつかないので」と述懐。ではなぜ清野さんを選んだのか? 「みんな同じ顔の中で一人だけ今風じゃない顔がいたので」と説明する。「“カワイイ”とか“美人”ということ以外に、人を殺しても不思議じゃない顔だと可能性を感じました」と独特の選考理由を明かし、会場をわかせた。

前半は鬱屈した女子高生の姿が描かれるが、終盤にかけて物語は一気に加速し急展開を見せる。押井監督は「量は少ないけど、ダブルミーニングになっているセリフばかり。全てに意味があります」と映画の構造の一端を明かし、自信をうかがわせる。特に終盤のアクションシーンは圧巻! 清野さんは血まみれの姿で凄まじいアクションを披露しているが、血糊のメイクに「興奮してスイッチが入りました」とニヤリ。その姿に押井監督以下「殺気を覚えた」という。決して、スケジュールに余裕があったわけではなく、清野さんは「3~4分のアクションを『今日覚えて、やってもらいます』と言われ、『ふざけんな!』って思いました(苦笑)」と苦労を明かすが、完成したシーンについては「いままでの日本映画になかった衝撃のシーンになっています!」と胸を張る。

金子さんは、自身が多くは出演していない清野さんのアクションを手放しで大絶賛! 「超強いんです(笑)。もちろん、これまでも活躍はされてますが、これを見たら『こいつ誰だ?』となると思うし、海外からも話が来ると思う」と太鼓判を押す。これには清野さんも「来てほしいです!」と満面の笑みで語った。

押井監督もこの衝撃のクライマックスについて「演技の延長としてアクションをしてもらった。かっこいいアクションシーンではなく、人殺しのアクションをしてもらわなくてはならなかった」とテクニックのみらず、演技力も必要なこのシーンの難易度の高さを強調し、改めて清野さんを称えた。

『東京無国籍少女』は7月25日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top