『インサイド・ヘッド』日本語吹替版のみの違いが判明! ピクサーのこだわり

映画

『インサイド・ヘッド』日本語吹替版のみの違い -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』日本語吹替版のみの違い -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ヨロコビ/『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • カナシミ/『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C)  2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
映画史を変えた世界初の長編フルCGアニメーション『トイ・ストーリー』から20周年を迎えるディズニー/ピクサー待望の最新作『インサイド・ヘッド』が現在公開中だ。このたび、ピクサーの徹底した細部へのこだわりが生み出した、日本語吹替版だけの本編の違いが明らかとなった。

11才の少女ライリーの幸せを守る、頭の中の5つの感情たち――ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。突然の引越しでライリーの心は不安定になり、頭の中のヨロコビとカナシミが行方不明になってしまう。心を閉ざしたライリーを感情たちは救えるのか…?

この度、判明した予告編や字幕スーパー版の本編と、日本語吹替版の本編での違いは“ライリーの嫌いな食べ物”。本編該当シーンの字幕スーパー版映像も解禁となり、見比べてみると一目瞭然! 全世界で公開されているオリジナル映像の字幕スーパー版では、ライリーが嫌いな食べ物は“ブロッコリー”だ。それに対して、日本語吹替版ではライリーの嫌いな食べ物は“ピーマン”となっている。

ではなぜこのような違いがあるのか? その答えは日本の観客に映画を“自分の物語”として楽しんで欲しいというフィルムメーカーの強い想い。アメリカでは子どもの嫌いな食べ物の上位にブロッコリーが入るが、日本の子どもが嫌いな食べ物として上位にあがるのはピーマンやニンジン。ブロッコリーには嫌いな食べ物というイメージがないことを知ると、日本で公開する日本語吹替版のみ、ライリーの嫌いな食べ物をピーマンに変更することを決めたという。しかしこれは、本編のアニメーション映像そのものの変更となるため、非常に大掛かりな作業でもある。タイトな制作スケジュールの中、ブロッコリーが出てくるすべてのシーンがピーマンに変更された。

ディズニーの担当者は「ブロッコリーからピーマンへの変更は、日本の観客に本作を自分の物語として楽しんでもらいたいというフィルムメーカーの熱い想いによるものです。画面の隅々までこだわり抜き、心を込めて創り上げた作品になっています。“あなたの物語”として楽しんでもらえたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

実はブロッコリーだけでなく、イカリが持っている新聞の文字や看板など、日本語吹替版のために変更されているシーンは他にも存在する。鑑賞者に分かりやすくストーリーを伝えるため、細部までこだわった映画創りをするディズニー/ピクサー。世界中に驚きと感動を届け続ける彼らのこだわりの数々は、ぜひ劇場で確かめてみて。

『インサイド・ヘッド』は現在、公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top