『スター・ウォーズ』田んぼアート、公式“見ごろ宣言”! 世界へと発信

映画

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』田んぼアート見ごろ宣言式
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』田んぼアート見ごろ宣言式
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』田んぼアート見ごろ宣言式
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』田んぼアート見ごろ宣言式
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』田んぼアート見ごろ宣言式
12月に公開を迎える『スター・ウォーズ』シリーズの最新作にして、新たなる3部作の第1作目となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。この度、青森県田舎館村の田んぼアートが遂に見ごろを迎え、見ごろ宣言式が開催された。

これまで2013年「ウルトラマン」、2014年「サザエさん」と、いずれも国民的人気キャラクターとタイアップをしてきた田んぼアート。「スター・ウォーズ」田んぼアートが掲出される第2会場の大きさは、横154m×縦69m(約1.0ha)と、実に阪神甲子園球場のグラウンド面積(1.3ha)と同等の面積を誇る広大さ。田舎館村の田んぼアートは、その図柄の細かさ、芸術性の高さから“日本一の田んぼアート”として評価され、海外からの反響も非常に大きい。

2015年は全人類が待ち望んだ“STAR WARS YEAR”ということもあり、6月初旬頃に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』デザインの田植えを実施。この度行われた“見ごろ宣言式”には田舎館村の村長・鈴木孝雄氏が登壇し、実際に田植えを行った保健所の園児や地元の高校生たち約60名も“スター・ウォーズTシャツ”を着込み参加、ライトセーバーを持つ園児の可愛らしさも会場を盛り上げていた。さらに4体のストームルーパーが田んぼアートの“見ごろ”を視察するためにサプライズ登場! 彼らが登場した際には大きな歓声があがり、集まった園児たちや高校生たちの目を釘付けにした。

ストームルーパーが快く記念撮影に応じるなど、盛り上がりも最高潮に達し、式典で田んぼアートをバックにテープカットを行った鈴木村長は「ようやく世界最大の田んぼアートが完成し見ごろを迎えました」といまがまさに一番の見ごろであると公式の“見どころ宣言”。「地球の片隅に田舎の村がひとつありまして、そこから田んぼアートが発生しました。この小さな村から世界へ向けて光と輝きを発信できる。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』田んぼアートを発信できるこの日を大変嬉しく思います」とルーカスフィルムがデザイン監修した「スター・ウォーズ」の田んぼアートを、世界へ発信するという大きな取り組みに興奮を隠せない様子。東北としては異例の暑さにも負けないほどの熱狂冷めやらぬ中、見ごろ宣言式は終了した。

青森ねぶた祭りへの参加も決定した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。12月の公開に向けて、ますます盛り上がりを見せそうだ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top