一青窈、名曲「ハナミズキ」に秘められた壮絶人生を「金スマ」で初告白!

最新ニュース

一青窈
  • 一青窈
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」(c)TBS
“あなたとあなたの好きな人とのかかわりが、百年続きますように…”という歌詞が多くの人の心を打ち、曲をモチーフに新垣結衣&生田斗真主演で映画化もされた、一青窈の代表曲「ハナミズキ」。本日7月24日(金)放送のTBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」に、一青さんがゲスト出演。これまであまり語られてこなかった、この名曲に込められた自身の壮絶人生を告白していることが明らかとなった。

今回、一青さんは「SMAP」の中居さんが司会を務める同番組の人気企画「金スマ」特別編のゲストとして登場。これまでテレビではあまり語られてこなかった、彼女の亡き両親や家族にまつわる壮絶なストーリーを自ら明かす。実姉の証言と共に一青さんの人生ストーリーを通して、名曲「ハナミズキ」が誕生した秘められた背景を紐解いていくが…。

一青さんといえば、台湾人の父と日本人の母のもとに生まれ、幼少期を台北で過ごした。慶應義塾大学在学中からアカペラサークルでストリートライブなどを行い、2002年、シングル「もらい泣き」でデビュー。翌年の日本レコード大賞ほか各新人賞を総ナメにし、NHK紅白歌合戦にも出場した。また、女優としても、台湾の名匠ホウ・シャオシェンの『珈琲時光』(’03)で浅野忠信と共演。現在、第1子を妊娠中だが、先日、女児を出産したばかりの広末涼子主演『はなちゃんのみそ汁』(12月公開予定)では広末さんの姉役で出演し、主題歌も担当する。

この曲の奥深さは実力派アーティストたちをも惹きつけ、これまで幾多のカバーも生まれており、「繰り返し何度も歌ううちに新しい気持ちや解釈が芽生えてくる、奥行きのある歌です」(森山良子)、「この楽曲からは、いまはもういない大好きだった人が、遠い空からいつも見守ってくれている そんな景色を感じてしまった」(徳永英明)と、愛情あふれるコメントも寄せられている。

3.11の際にも多くの人を勇気づけた「ハナミズキ」。そんな彼女自身が明かす、名曲誕生に秘めた思いとは…? なお、番組では一青さんが「ハナミズキ」を歌う際に金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」の出演者らがコーラスとして参加することも決定! 一青さん自身のカバーアルバムに収録されている「ハナミズキ」は、彼女の母校の生徒たちとの合唱曲になっているが、「金スマ」では「表参道高校合唱部!」出演者10名との合唱を披露。日本を代表する名曲「ハナミズキ」を、アーティスト本人と合唱をテーマにしたドラマ出演者が一緒に歌うという、非常に珍しい形でのコラボレーションが実現した。

この特別企画の実現に一青さんは「母校の生徒たちと歌った(「ハナミズキ」の)セルフカバーバージョンを、今回(『金スマ』の中で)、ドラマ『表参道高校合唱部!』の皆さんと歌わせていただきました。やはり、みんなで一つの歌を一生懸命、声を合わせて歌うというのは、すごく清清しく、そして一体感が持てるので、今後もいろいろな人たちと声を合わせて(歌って)いきたいなと思います」とコメント。

さらに、「表参道高校合唱部!」香川真琴役で主演を務める芳根京子を始めとしたドラマの出演者たちはこの日の為に練習を重ね、緊張した面持ちで収録に臨んだそう。実際にコーラスを終え、「ドラマでは合唱をしていますが、今回はコーラスに初めてチャレンジするということで、練習のときからみんなとても緊張していました。普段の合唱部のメンバーに加えて、合唱部以外の出演者も一緒に歌ったので、ぜひそこも注目していただければと思います」と見どころを語った。

「今後、ひょっとして私がたとえば先生の役とかで(ドラマで)ご一緒できたら、また一緒に歌えるのがすごく楽しみなので、そんなことも夢見ながら歌わせて頂きました」(一青さん)、「今後、ドラマのなかで一青窈さんにゲストで出演していただいたり、『ハナミズキ』を歌う機会があったらいいですね」(芳根さん)とそれぞれに「表参道高校合唱部!」での再共演を望んだ。

一青窈がゲスト出演する「中居正広の金曜日のスマたちへ」は7月24日(金)21:00よりTBSにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top