西島秀俊、松嶋菜々子の演技に「舌を巻いた」

最新ニュース

西島秀俊/TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
  • 西島秀俊/TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
  • 松嶋菜々子/TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
  • 高梨臨/TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
  • TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
  • TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
  • 高梨臨/TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
  • TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
  • TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」制作発表会見
TBSでは、8月1日(土)、2日(日)に、2夜連続スペシャルドラマ『TBSテレビ60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」』を放送する。放送に先立ち、25日(土)東京・赤坂のTBSで制作発表会が行われ、女優の松嶋菜々子、西島秀俊、高梨臨ら豪華俳優陣が出席。

本作は、今から70年前の日本を舞台に、自らの意志で戦地に赴いた女性たちを描く。逆境の中にあっても「博愛」の精神を持ち続け、家族への愛を貫いた天野希代を演じた松嶋さんは「懐かしいような、最近撮影したような複雑な思いです。2夜合計で4時間を越える長い放送になりますが、私たちのメッセージをみなさんなりに受け取っていただけたらと思います」と挨拶を行った。

希代の夫、中川亘を演じた西島さんは、「看護婦のみなさんの中に一人いて、非常に緊張しています」と照れくさそうな笑顔を見せるも、「とてもやり甲斐のある役でした」とふり返った。

国内でクランクイン後、約1か月にわたる中国でのロケが行われた本作。撮影での思い出を聞かれた松嶋さんは、「とにかく移動距離が長い撮影でした。車で7時間もかけて行った山の上のシーンでは、相手のセリフも聞こえないし、強風で涙が横に飛ぶような中での撮影でした」とハードなエピソードを明かした。

希代に憧れ、看護婦を目指す馬淵ハルを演じた高梨さんは「大変なスケジュールの中でも、松嶋さんは疲れた表情を一切見せずに、たわいのない話をしてくださり、ハルが『希代先輩』と想うように、私の中でも『松嶋先輩』と慕っていたので、ハルと一心同体に演じられました」と笑顔で紹介。西島さんも「非常に過酷な中でも松嶋さんは集中力がすごくて、10回でも20回でも魂のこもった演技をされていて、舌を巻きました」と松嶋さんの演技に脱帽していた。

松嶋さんは「20歳から40代までの約20年間、過酷な中でも、ずっと希望を持ち続けて強い信念を持って生き続ける希代の姿を、ひとつひとつとても大切に、心を込めて演じさせていただきました。何か自分にできることがあれば、人の役に立ちたいという気持ちは、希代と私が共通する部分だと思いました」と想いを語った。

この日特別ゲストとして、希代と亘の息子役を演じた高村佳偉人くんが登場。「西島さんは中国の撮影中、全然瞬きをしなくて、すごいなって思いました」と紹介すると、「そこかよ!」と西島さんから突っ込みが入った。松嶋さん、西島さんに挟まれ会話する様子は本物の親子のようだった。

TBS60周年特別企画「レッドクロス~女たちの赤紙~」8月1日(土)、2日(日)21時から2夜連続放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top