大竹しのぶ、さんまの還暦引退を否定! 仕事なしでは「生きていけないんじゃない?」

最新ニュース

大竹しのぶ/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
  • 大竹しのぶ/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
  • 近藤春菜(「ハリセンボン」)/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
  • 近藤春菜、大竹しのぶ、箕輪はるか/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
  • 大竹しのぶ/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
  • 近藤春菜、大竹しのぶ、箕輪はるか/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
  • 近藤春菜(「ハリセンボン」)/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
  • 箕輪はるか(「ハリセンボン」)/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
  • 近藤春菜、大竹しのぶ、箕輪はるか/『インサイド・ヘッド』大ヒット記念舞台挨拶
映画『インサイドヘッド』のヒットを記念して日本語吹替版の声優を務めた大竹しのぶが7月28日(火)に舞台挨拶に登壇。大竹さんが演じた“カナシミ”にそっくりだと自他共に認める「ハリセンボン」の近藤春菜が相方の箕輪はるかと一緒にキャラクターになりきって登場した。

主人公の少女・ライリーの脳内を舞台にした本作。ヨロコビ、カナシミ、ムカムカ、イカリ、ビビリという5つの要素で構成されているライリーの感情だったが、ヨロコビとカナシミが脳内の司令部から放り出されてしまったことから思わぬパニックが起き…。

近藤さんは青いカツラに黒ぶちの丸メガネというカナシミそっくりの格好で登場しつつも「カナシミじゃねーよ!」と怒声を張り上げ笑いを誘う。箕輪さんから「映画の中でカナシミが歩けなくなって引きずられるところは普段の春菜そっくり!」と指摘されると「歩くわっ! 引きずれないでしょ、重くて!」と返し、会場は再び笑いに包まれた。

箕輪さんは一見、分かりづらいが劇中のヨロコビをイメージした衣裳で「私の感情は喜びで占められています!」と主張。「先日、歯を白くしまして、丈夫になってお菓子の袋を歯で開けられるようになりました。憧れだったので喜んでます」と語った。

「○○じゃねーよ!」という芸風に「カナシミ」を加えた近藤さんだが「『○○じゃねーよ!』と怒りに満ちて否定してますが、実は私って何にでもなれるという喜びに満ちてます。最近では人間じゃないものまであって、男女年代を問いません」と胸を張る。

大竹さんは、少し前に放送されたドラマ「Dr.倫太郎」における、近藤さんの心を病んだ女性の演技を絶賛!「すごく上手でした。『女優だ!』って思いました」と語り、これには近藤さんも「大竹さんからそう言っていただけるとドラマのオファーが増えるかも! 泣きそうです!」と喜びを爆発させていた。

また、大竹さんは歌舞伎役者の中村勘九郎と前田愛の息子たちとの交流を明かす。深い親交があった故・中村勘三郎(第十八代)の孫でもあるが、映画の中のキャラクターたちのように感情を思い切り発散させる「ヨロコビごっこ、カナシミごっこ、イカリごっことかをして遊んでいます。楽しいです」と笑顔で語った。

また報道陣から元夫の明石家さんまが、以前から「60歳の還暦で引退する」と語っていたことについて尋ねられると「多分ない。ずっと仕事していくと思います。(仕事していないと)生きていけないんじゃないかな?」と否定した。

『インサイドヘッド』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top