「スヌーピーミュージアム」が期間限定で六本木にオープン!

最新ニュース

スヌーピーミュージアム イメージパース - (C) 2015 Peanuts Worldwide LLC
  • スヌーピーミュージアム イメージパース - (C) 2015 Peanuts Worldwide LLC
  • チャールズ M.シュルツ美術館 Photo by Rick Samuels courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center
  • チャールズ M.シュルツ美術館 Photo by Rick Samuels courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center
2016年3月~2018年9月まで、六本木にて期間限定で「スヌーピーミュージアム」の開館が決定した。

スヌーピーファンの聖地と言われるチャールズ M. シュルツ美術館は、2002年に開館して以来、コミック・アートへの理解を深める企画展示や教育プログラムを実施。そのほか、シュルツ氏の生涯や多彩な作品、世界中の読者に向けられた物語を紹介している。

世界初のサテライト(分館)として六本木にオープンする「スヌーピーミュージアム」では、スヌーピーたちが活躍するコミック「ピーナッツ」の原画をはじめ、 作者チャールズ・M・シュルツ氏の初期作品、 貴重なヴィンテージグッズや資料などが6か月毎に入れ替えて展示される。

敷地内にはモニュメントやさまざまな仕掛けが配置され、ハロウィンやクリスマスなど季節に応じた多彩なイベントを開催。 また、ミュージアムショップでは限定品やオリジナルグッズを販売するほか、 カフェでは「ピーナッツ」にちなんだスペシャルメニューを楽しむことができる。

今回の「スヌーピーミュージアム」オープンにあててチャールズ・M・シュルツ夫人であるジーンさんは、「スヌーピーミュージアムが日本に誕生することは、この上ない喜びです。日本の方々にスヌーピーが活躍する『ピーナッツ』そのものに、もっと親しんで頂けたらと思います。この漫画の奥深い魅力や、スパーキー(シュルツ氏の愛称)の知られざる横顔に触れることで、スヌーピーや他のキャラクターを益々好きになって下さることを期待しています」と喜びを語っている。

また、今回のミュージアムオープンには、2013年に森アーツセンターギャラリーで開かれた「スヌーピー展」の成功がひとつのきっかけとなったそう。今年12月には映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』も公開となるため、日本でのスヌーピー人気はさらなる盛り上がりをみせそうだ。

「スヌーピーミュージアム」は2016年3月~2018年9月開館予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top