【予告編】「電気グルーヴ」とは何者か? サカナクション・山口一郎らが語る

映画

『DENKI GROOVE THE MOVIE?~石野卓球とピエール瀧~』- (C) 2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT
  • 『DENKI GROOVE THE MOVIE?~石野卓球とピエール瀧~』- (C) 2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT
  • 「電気グルーヴ」
結成25周年を迎えてもなお、その唯一無二の圧倒的なパフォーマンスが世代とジャンルを超えた音楽ファンに支持されている「電気グルーヴ」にとって初のドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE?~石野卓球とピエール瀧~』の予告編映像が公式サイトにて遂に解禁された。

2013年に通算13枚目のオリジナルアルバム「人間と動物」をリリースし、全国7か所、8公演のツアーでは約15,000人を動員、「FUJI ROCK FESTIVAL’14」と「RISING SUN ROCK FESTIVAL」のメインステージのヘッドライナーとして出演を果たした「電気グルーヴ」。そんな彼ら初となるドキュメンタリー映画では、『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督がメガホンを握る。

このたび解禁となった予告編は、去る7月13日に恵比寿・リキッドルームにて行われたワンマンライブ「LIQUIDROOM 11TH anniversary」終了後、会場にて上映され、現場のファンを驚かせた映像でもある。「電気グルーヴ」の貴重な映像と共に、砂原良徳、DJ TASAKA、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、「スチャダラパー」、山口一郎(サカナクション)ら錚々たるアーティストに加え、rockinon' JAPAN総編集長・山崎洋一郎など、石野さんとピエールさんの2人を取り巻くスタッフの証言も織り交ぜた映像で構成され、まだ誰も知らない電気グルーヴが浮き彫りとなる問題映像となっている。



初めて世に出る1989年8月20日十三ファンダンゴの初ライブ映像や、関係者の証言で明らかになる海外ツアーから長期活動休止、そして復活に至るまで――。結成から25周年を経て世界中を駆け巡るテクノバンドである一方、『ALWAYS 三丁目の夕日』、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」への出演でピエールさんがお茶の間で俳優として人気を獲得するなど、世界にも類を見ない唯一無二の存在となるまでに至った軌跡に迫っていく。

公開決定時、オファーを受けた大根監督は「いちばん面白くて、いちばん狂っていて、いちばんカッコ良い先輩たちは、同時にいちばん近づきたくない、すなわちいちばん仕事をしたくない存在でした。昨年春、この映画の企画をマネージャーに告げられたとき、それは赤紙招集のような、恐怖新聞が届いたような気持ちでした」と心境を明かすと共に、「いま、出来上がった作品を見て思うことは…っていうか、まだ出来上がっていません!! 電気グルーヴのヒストリーを2時間やそこらでまとめることなんかできるわけないじゃないですか!! さらに最近会った卓球さんは『頼んだ覚えはない』、瀧さんには『まかせる。出来上がりを観て文句を言う』と…。誰かこの仕事代わって!!」と半ばSOSのような(?)コメントを寄せていたが、果たして「電気グルーヴ」の長い歴史はどのようにスクリーンに映し出されるのだろうか?

日本のエレクトロミュージックに大きな影響を与えた“電気グルーヴとは、果たして何者なのか?”。まずはこの予告編からその一部を覗いてみて。

『DENKI GROOVE THE MOVIE?~石野卓球とピエール瀧~』は2015年12月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top