ホウ・シャオシェン監督、忽那汐里と5年ぶりに再会「オードリー・ヘップバーンのよう」

最新ニュース

ホウ・シャオシェン監督、忽那汐里/『黒衣の刺客』来日記者会見
  • ホウ・シャオシェン監督、忽那汐里/『黒衣の刺客』来日記者会見
  • 忽那汐里/『黒衣の刺客』来日記者会見
  • ホウ・シャオシェン監督/『黒衣の刺客』来日記者会見
  • ホウ・シャオシェン監督、忽那汐里/『黒衣の刺客』来日記者会見
  • ホウ・シャオシェン監督、忽那汐里/『黒衣の刺客』来日記者会見
ホウ・シャオシェン監督が、8年ぶりの最新作『黒衣の刺客』を引っさげて来日。3日(月)、都内で記者会見が行われた。

『好男好女』、『フラワーズ・オブ・シャンハイ』、『百年恋歌』などに続き、本作で7度目のカンヌ国際映画祭コンペティション部門への出品という偉業を成し遂げているホウ監督。今年行われた第68回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門監督賞を受賞した。

この日、本作に出演をしている女優の忽那汐里が、監督へお祝いの花束を持って会場に駆けつけた。5年前ぶりに忽那さんと会った監督は「すっかり綺麗な大人になっていて驚きました。オードリー・ヘップバーンのようになったね!」と再会を喜んでいた。

監督は、今回の受賞について「武侠映画なので、みなさんがどのような反応をされるか分かりませんでした。そんな中での受賞だったので、嬉しかったです」と笑顔で話した。

唐代の中国。13年前に女道士の下に預けられた隠娘が両親の下に戻ってくる。しかし、彼女は完全な暗殺者に育て上げられていた。標的は、暴君の田李安。彼と隠娘は、かつての許婚であった。運命に翻弄されながらも力強く生きてゆく“女刺客・隠娘”を演じたのは、ホウ監督の“ミューズ”スー・チー。標的となる暴君には、『レッド・クリフ』シリーズのチャン・チェン。窮地に追い込まれた隠娘を助ける日本青年役に妻夫木聡さん、そして忽那さんは、妻夫木さんの妻を演じた。

「一番のこだわりは、役者さん」という監督。妻夫木さんを抜擢した理由について「この役は、彼以外考えられなかったです。人を簡単には信じないヒロインの感情を動かすことができるのは、単なる明るさだけではなく、感情の深さも持った人でなければいけなかったんです。スタッフもみんな妻夫木さんを好きになりましたよ!」と妻夫木さんへ熱い信頼を寄せていた。

忽那さんも「初めて外国の監督と、お仕事をさせて頂いたのですが、台本のない流動的な現場で妻夫木さんが引っ張っていってくれたことがとても大きかった」と話した。

撮影期間5年、総製作費が約13億円という本作。なんと44万フィート分ものフィルムを回したそうだ。その中から必要なところだけ切りとったという監督は、「観る人によって繋がっていないように感じることもあるかもしれませんが、しっかりと向き合って映画を創ったつもりです。急がずにゆっくりと映画を味わって欲しい」と想いを語った。

忽那さんも「新しい感覚を味わえ、とても静かで研ぎ澄まされた芯の強いメッセージがある作品です。今の時代を生きる多くの日本の方に理解して頂けたら嬉しいなと思います。」と強い眼差しでアピールした。

『黒衣の刺客』は9月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top