トリンドル玲奈、初主演映画で最優秀女優賞受賞!「身に余る思い」

映画

『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
  • 『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
  • トリンドル玲奈/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
  • 真野恵里菜/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
  • 篠田麻里子/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
  • 『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜をトリプルヒロインに迎え、大ヒット公開中の『リアル鬼ごっこ』が、7月14日からカナダのモントリオールにて開催された「第19回ファンタジア国際映画祭」コンペ部門にて、「最優秀作品賞(シュバル・ノワール賞)」「最優秀女優賞」「審査員特別賞」の3部門を受賞したことが分かった。

ファンタジア国際映画祭は、1996年に日本や香港のアジア映画にフォーカスする映画祭としてスタートし、翌1997年には対象を世界に拡大。現在はアジア、北米、ヨーロッパを中心に多くの作品を上映。世界各地からSF映画、ファンタジー映画、ホラー映画、アドベンチャー映画などが集まり、ジャンル映画祭としては北米で最も重要な映画祭と位置づけられている。

同映画祭にて3部門受賞した『リアル鬼ごっこ』は、累計発行部数200万部を突破した山田悠介原作のベストセラー小説を、鬼才・園子温監督が映画化。過去5本もの映画化が作られ、2013年には本郷奏多・主演でドラマ化もされた同作だが、本作では鬼たちの標的を全国のJK(女子高生)に変更し、目的も正体も不明な鬼と、不条理な死のゲームに巻き込まれた女子高生の壮絶なバトルが繰り広げられる。

園監督は、これまでも、2006年に『Strange Circus 奇妙なサーカス』で作品賞を受賞、2009年には『愛のむきだし』で満島ひかりの主演女優賞と審査員特別賞を受賞。しかし、3部門受賞は今回が初めて。さらに、3部門以上受賞というのは、邦画史上、湯浅政明監督作『マインド・ゲーム』以来10年ぶりという快挙だ。審査員によると、主演女優賞は「審査員満場一致で決定した」といい、オープニングのシーンに審査員が感銘を受けたことから審査員特別賞の受賞という結果になったそうだ。

最優秀女優賞を受賞したトリンドルさんは、「最優秀女優賞、とってもとっても嬉しいです! このような賞をいただける日が来るなんて、いまの私にとっては身に余る思いです。園子温監督、リアル鬼ごっこのスタッフさん、キャストの皆さん、そして、支えてくれたすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びのコメントを寄せた。

『リアル鬼ごっこ』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top