ブラマヨ小杉、身長1.5cmになったら…相方吉田のブツブツ顔を歩きたい!?

最新ニュース

小杉竜一(ブラックマヨネーズ)&内田有紀/『アントマン』イベント
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)&内田有紀/『アントマン』イベント
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)&内田有紀/『アントマン』イベント
  • 内田有紀&小杉竜一(ブラックマヨネーズ)/『アントマン』イベント
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)&内田有紀/『アントマン』イベント
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)&内田有紀/『アントマン』イベント
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)&内田有紀/『アントマン』イベント
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)&内田有紀/『アントマン』イベント
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)/『アントマン』イベント
身長わずか1.5cmという映画史上“最小”のスーパーヒーローを描く『アントマン』の日本語吹き替え版に、女優の内田有紀と小杉竜一(ブラックマヨネーズ)がゲスト声優として出演することが8月11日(火)、都内で行われたPRイベントで発表された。

仕事をクビになり、離れて暮らす愛娘の養育費も払えなくなったスコットが、起死回生のチャンスとして飛びついたのは、身長わずか1.5cmになれる驚異のスーツを着用し、未知なる潜在能力を持つ“アントマン”に変身することだった…。全米では公開10日間で興行収入は1億ドルを突破し、2週連続で全米週末興収No.1に輝いた。また、世界興収も間もなく3億ドルを突破する勢いで、小さなヒーローが世界中で一大旋風を巻き起こしている。

内田さんはアントマンを指導し、共にミッションに参加するクールな女性・ホープ役、小杉さんはスコットの悪友で、仲間思いの人懐っこいルイス役をそれぞれ演じる。意外にも、内田さんが吹き替え声優を担当するのは初めてだと言い、「憧れがあったので、とてもうれしい」と大喜び。一方、小杉さんは「主人公との面白い掛け合いを再現しようと、気持ちが前のめりになってしまい、『もっと普通にやってください』と注意されてしまった」と悪戦苦闘の様子だった。

イベントには、劇中に登場する巨大角砂糖のオブジェを使ったサイコロトークならぬ“角砂糖トーク”も行われ、「アリえない話」を引き当てた内田さんは、「10代の頃、ロケで行ったニューカレドニアで、体長30cmくらいあるムカデに遭遇した」と驚きエピソード。小杉さんは「身長1.5cmになったら何したい?」というお題に、「吉田(相方の吉田敬)のブツブツ顔を歩いてみたい」と笑いを誘った。

『アントマン』は9月19日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top