『アーティスト』の名演で知られる俳優犬・アギー、13歳で亡くなる

最新ニュース

アギー-(C)Getty Images
  • アギー-(C)Getty Images
  • アギー-(C)Getty Images
  • ベレニス・ベジョ&ジャン・デュジャルダン&アギー-(C)Getty Images
第84回アカデミー賞で作品賞や主演男優賞など5冠に輝いた『アーティスト』に出演していた犬のアギーが13歳で亡くなった。

ジャック・ラッセル・テリア犬のアギーは2011年、『アーティスト』でジャン・デュジャルダン演じる主人公の愛犬役で出演。落ち目になった映画スターの傍らに寄り添い続ける健気な姿に、カンヌ国際映画祭ではパルム・ドッグ賞も贈られたほど。

ロバート・パティンソンとリース・ウィザースプーンが主演した『恋人たちのパレード』にも出演したアギーは、2012年にハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアター前に手型ならぬ肉球型を残したが、同年にトレーナーのオマー・ヴァン・ミュラーの判断で、高齢を理由に俳優犬を引退。静かな余生を送っていたが、前立腺がんを患い、闘病の末に13年の生涯を終えた。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top