『戦火の馬』ジェレミー・アーバイン出演!英国ゴシックホラーの続編、公開へ

映画

『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』-(C)Angelfish Films Limited 2014
  • 『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』-(C)Angelfish Films Limited 2014
  • 『戦火の馬』 ジェレミー・アーヴィン
  • 『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』-(C)Angelfish Films Limited 2014
  • 『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』-(C)Angelfish Films Limited 2014
ダニエル・ラドクリフ主演で全米初登場2位を記録する大ヒットとなった英国発のゴシックホラー『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』の続編『Woman In Black 2:Angel of Death』(原題)が、『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』として11月より日本公開されることが決定。出演に新たに『戦火の馬』のジェレミー・アーバインを迎えた本作から、ポスタービジュアルが解禁となった。

第二次世界大戦下、ある学校の子どもたちが引率の先生と共に、疎開のためイギリスの田舎町にやってくる。たどり着いたのは、40年前に“恐怖の現場”となった古い洋館、イールマーシュの館だった。彼らはそこで、再び邪悪な“黒衣の女”=ウーマン・イン・ブラックの魂を呼び覚ましてしまう…。

子どもたちの運命は? “黒い女”の正体とその目的は何なのか? 40年の時を経て、再び怨讐の連鎖が古い洋館に訪れる本作。原作は、これまでにテレビ映画化や舞台化もされてきた、英作家スーザン・ヒルのベストセラー小説の続編。ダニエル・ラドクリフ主演の前作の大ヒットを受け、スーザン・ヒルが新展開となる続編を執筆した。

前作に続いて映画化を実現した、『吸血鬼ドラキュラ』や『モールス』で知られる老舗のホラーレーベル「ハマーフィルム」のCEOサイモン・オークスは、「前作の公開前に、すでにスーザン・ヒルと続編のストーリーについて話し始めていたんだ。2か月後、スーザンは、前作の40年後、第二次世界大戦中を舞台に、新たなストーリーのアイディアを提示してくれたんだ」と語っている。

監督は、これが長編映画2作目となる新鋭のトム・ハーパー。出演には、『戦火の馬』や『17歳のエンディングノート』で知られる英国俳優ジェレミー・アーバイン。黒衣の女性の怨讐に巻き込まれる地元の軍指揮官を演じている。さらに、「スイッチ ~運命のいたずら~」などのTVシリーズで活躍するフィービー・フォックス、『007 スカイフォール』『ハリー・ポッター』シリーズのヘレン・マクロ-リーが出演。

届いたポスターも、“脅威の存在から逃れられない象徴”を表現した強烈なビジュアルとなっている。

『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』は11月、シネ・リーブル池袋ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top