『スター・ウォーズ』新キャスト&ハン・ソロ登場に会場熱狂!

映画

J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ/「D23EXPO 2015」- (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved 
  • J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ/「D23EXPO 2015」- (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved 
  • J.J.エイブラムス監督、ハリソン・フォード/「D23EXPO 2015」- (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved 
  • オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、ルピタ・ニョンゴ、デイジー・リドリー/「D23EXPO 2015」- (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved 
12月に公開を迎える『スター・ウォーズ』シリーズの最新作にして、新たなる3部作の第1作目となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。このたび、カリフォルニア州のアナハイム・コンベンションセンターでディズニーファンイベント「D23EXPO 2015」が行われ、J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴが登壇した。

これまでも特報第一弾、「スター・ウォーズ・セレブレーション」にて発表された特報第2弾、7月・コミコンで発表されたメイキングやキャスト情報が発表されるたび、その熱狂がすぐさま世界中を駆け巡り注目を集めてきた本作。1日目となる14日(現地時間)はディズニー社に多大な貢献をした人物に贈られる称号“ディズニー・レジェンド”の授賞式が行われ、ジョージ・ルーカスがR2-D2、C-3POと共に登壇。会場は熱狂の渦に包まれた。

そして2日目、15日には収容人員8,000名を誇るホールD23でライブ・アクションの作品群のプレゼンテーションが行われた。数あるディズニー配給の実写作品の中でも、やはり多くの注目を集めた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。会場に詰めかけたコスプレ姿のファンたちの前にまず現れたのは監督のJ.J.エイブラムス。そしてJ.J.エイブラムスの呼び込みで、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、そして『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴの4人の新キャストが登場した。ルピタの登場はこの日が初。ルピタは「私が『スター・ウォーズ』に関わることが出来ると聞いた時は唖然としたわ。だって、私自身『スター・ウォーズ』を見て育ったんだもの」と本作への出演の喜びを語った。

エイブラムス監督は「『スター・ウォーズ』の世界で最も永続的な部分はストーリーの『ハート』の部分」だと説明。さらに「ジョージ・ルーカスが作ったこの独特な世界観がものすごく素敵なんだ」とジョージ・ルーカスへの賛辞を贈った。そしてサプライズゲストとしてハリソン・フォードが登場すると会場の興奮は最高潮に! さらに大きな歓声に包まれ、世界中が注目した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のプレゼンテーションが終了した。

以下、キャストコメント

<J.J.エイブラムス>
『スター・ウォーズ』の世界で最も永続的な部分はストーリーの「ハート」の部分だと思う。本当に面白く、とてもロマンチックで、そして愛らしく、でありながらミステリーや革新や深い意味合いがあり、フォースの力で全てがつながっている部分だね。ジョージ・ルーカスが作ったこの独特な世界観がものすごく素敵なんだ。

<ハリソン・フォード>
J.J.エイブラムスや素晴らしいキャストの皆、そして色んな形でサポートして下さったディズニーの方々の前に立つことが出来、とても光栄に思います。このように皆さんの前で話せる事はとても興奮しますし、実現してくれたことに感謝しています。本当に嬉しいです。

<デイジー・リドリー>
すごく素晴らしかったわ。最初の撮影は砂漠だったの。撮影現場に出た時は、本当驚きだったわ。全てが本物で、クリーチャーに扮する人々やスピーダーが地面に置いてあったり。実際に、色んな物がその場に置いてあって、どこのシーンにいっても触れることができるものがあったので、本当に信じられなかったわ。

<ジョン・ボイエガ>
フィンはこの物語の中で大きな役割を持っており、とてもユニークなストーリーも持っているんだ。彼がどんな奴で何をしようとしているのか、早く観客のみなさんに観てもらいたい。彼はこのストーリーで重要なパートを担っているので、本当に楽しみさ。

<オスカー・アイザック>
(出演が決まった時)なかなか刺激的で本当に信じられなかったよ。笑いが止まらなかったことも覚えているよ。家族に電話して、自分がXーウィングのパイロットになることを伝えたんだ。とにかく、とても嬉しいひと時だったよ。

<ルピタ・ニョンゴ>
私が「スター・ウォーズ」に関わることが出来ると聞いた時は唖然としたわ。だって、私自身「スター・ウォーズ」を見て育ったんだもの。遠い世界の話でありながら、すぐ近くにある世界なのよね。過去作の中ではケニヤ語が出て来て、身近に感じることができたので(出演を)すごく熱望していたの。だから、新3部作に関われる事がすごく嬉しいわ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top