“もぎり嬢”片桐はいり、映画館について熱弁!「もぎりは大事な仕事」

最新ニュース

片桐はいり/「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念イベント
  • 片桐はいり/「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念イベント
  • 片桐はいり/「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念イベント
  • 片桐はいり/「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念イベント
  • 片桐はいり/「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念イベント
  • 片桐はいり/「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念イベント
  • 片桐はいり/「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念イベント
「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念イベントが8月23日(日)、東京・キネカ大森で行われ、女優・片桐はいりによるもぎり&トークショーが開催された。

「学生時代に7年間、銀座文化劇場(現:シネスイッチ銀座1・2)でもぎりのアルバイトをしていた」という片桐さんは、この日も慣れた手付きで素早くもぎりながら、来場者と笑顔で会話を楽しんでいた。

大森で生まれ育った片桐さんと同映画館とは、30年もの付き合い。映画が好きで同映画館によく通っているうちに、「そんなに来るなら、何か一緒にイベントしませんか?」と5年ほど前に誘われ、好きなときに清掃を行ったり、劇場の入り口でチケットの半片をもぎ取る「もぎり嬢」の権利を手に入れたそうだ。「片桐はいり」と書かれたネームカードも常時用意されているほど、度々もぎり行っているため、常連さんは驚きもしなくなったという。

キネカ大森だけでなく、地方でももぎりをしている片桐さんは、「もぎりに行くって言うと、上映もしてくれるんです。映画館に営業を取りにいく俳優というのは日本で私だけではないかな。自分の映画を自分でもぎっている人も、世界初だったと思うんです。でも最近は、俳優さんがもぎりをするイベントが増えているみたいですね。特許をとっておけばよかった」と悔しそうな表情を大げさにして見せた。

「映画を創るってすごい作業で、撮影や編集、宣伝を一生懸命して、やっと公開になって、それをお出しするのが、もぎりの仕事だと思うんです。そんなに大切に作られたものも、最後のお客様への出し方ひとつで映画の印象も変わると思うんです。もぎりは、映画にとって大事な仕事だぞ、と思っています」と、もぎりの魅力を強い眼差しで話した。

映画館の空間が大好きで、国内外問わず「美味しいお店を知りませんか?という質問の次に、映画館について聞くんです」という片桐さんは、インドやハワイ、スイスでも映画館に足を運んだそうだ。「言語の分からない映画でも、鳥肌が立つぐらい感動した」と、映画館の魅力を各国でのエピソードを交えながら語った。

もちろん、最新の体験型映画上映システムもしっかりチェックを行っており、3Dや4DXも体験済み。「3Dや4DXもとても楽しかったのですが、かつて飛び出さなくても、飛び出すかのように感じていたあの時代を思い起こして、改めて人間の想像力ってすごいなって思いましたね。ジョーンズが生きていないと聞いたときのショックといったらなかったですからね」と、まだCGに馴染みのなかった当時を懐かしんだ。イベント終了後には、きっちりとお見送りを行い、清掃を行った。

7月31日より販売中の「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」では、片桐さんもキネカ大森ほか、珈琲店やインド料理店を紹介している。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top