藤原紀香、出産シーンのアフレコ熱演!「野性的な男性は好きです」

最新ニュース

藤原紀香/「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」公開アフレコ
  • 藤原紀香/「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」公開アフレコ
  • 藤原紀香/「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」公開アフレコ
  • 藤原紀香/「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」公開アフレコ
  • 藤原紀香/「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」公開アフレコ
  • 藤原紀香/「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」公開アフレコ
女優の藤原紀香がWOWOWのドキュメンタリーで、イザベラ・ロッセリーニが様々な動物たちになりきってその生殖行為を演じるという異色作「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」の日本語吹き替えを担当! 8月25日(火)にアフレコの模様を公開した。

伊映画の巨匠ロベルト・ロッセリーニと名女優イングリッド・バーグマンを両親に持つイザベラが自ら構想した本作。自然界の生物たちのセックス、出産の様子を着ぐるみまで着用して舞台上で再現している。

藤原さんは作品の内容について「衝撃的でした」と興奮気味に語る。「性の問題――セックス、交尾、ペニス、ヴァギナなどといった言葉が連発されますが、見ていただくと全くいやらしさを感じないと思います。生命の営みを描いていて、人間って小っちゃいなと思う。小学生の教材にしてほしいくらい。性のことに向き合えると思います」と熱く語った。

藤原さん自身、日本語吹き替え版のセリフなどに関して「全く躊躇はなかった」という言葉通り、この日も報道陣を前に熱演を見せる。イザベラがハムスターの着ぐるみ姿で出産をするというシーンでは、興奮した口調やセクシーなあえぎ声まで交えて見事な吹き替えを披露。ハムスターの母親が生まれたばかりの我が子を「多すぎる」として自身の産後の栄養補給のために食べてしまうというショッキングなシーンもコミカルな雰囲気を漂わせながら演じてみせた。

藤原さんは映画界のサラブレッドとして生まれながらも「早くに自立して、勉強を重ねて、性や生物学を難しく言うのではなく自分の言葉で説明されている。さすが大女優!」とイザベラに尊敬のまなざしを向ける。「ここまでユーモアがあるなんて!」とその変幻自在ぶりに称賛を送っていた。吹き替えではなく藤原さん自身が“日本版”として演じてみては? という声には「イザベラさんの許可が下りれば舞台で挑戦してみたい。着ぐるみも着て、各地で伝えたい」とノリノリだった。

また自然界や野生の偉大さを熱く語る藤原さんに「野性的な男性は好きか?」という質問も。藤原さんは、アフリカのケニアを訪れた際に、ライオンが狩った獲物をオス、メス、こどもたちという順番で食べていたという例を挙げ「これが野生なんだ」と教えられたと述懐。そして「野性的な男性は好きです!」と笑顔を見せた。

気になる“野性的な恋人”の存在について問われると「どうなんでしょうね(笑)」と首をかしげ「報告はまだ先になりそう?」という問いに「そうですね」と語り会場を後にした。

「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」はWOWOWにて11月放送予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top