ジョニー・デップの16歳の愛娘が「LGBTQI」若者支援キャンペーンに参加

最新ニュース

リリー・ローズ・デップ-(C)Getty Images
  • リリー・ローズ・デップ-(C)Getty Images
  • リリー・ローズ・デップのインスタグラムより
  • リリー・ローズ・デップ-(C)Getty Images
ジョニー・デップの愛娘で、女優・モデルとして活動を始めたリリー・ローズ・デップが、性的マイノリティ(LGBTQI)の若者たちを支援するキャンペーンに参加した。

ジョニーと元パートナー、ヴァネッサ・パラディとの間に生まれたリリー・ローズ。先月、16歳にして、「シャネル(CHANEL)」の「パール アイウェア コレクション」のアンバサダーに起用された彼女は、同性愛者、バイセクシャル、トランスジェンダー、自身のセクシャリティが分からない人々(LGBTQI)の10代の男女を支援する「Self Evident Project」のキャンペーンでモデルを務めた。

リリー・ローズは「私たちはあなた(WE ARE YOU)」と書かれた黒のTシャツを着て、両脇の男性と女性の腰に腕を回して、笑顔でポーズ。このショットをアップした「Self Evident Truths」のインスタグラムの公式アカウントによると、これは、アメリカ合衆国内で「LGBTQI」だと感じている1万人の肖像写真を記録するプロジェクトとのこと。「このプロジェクトが目指すのは、若者たちが自分に正直に生きられるように力を貸すことです」と記載されている。

主宰者する活動家、iOは自身のインスタグラムのアカウントにリリー・ローズをおぶった写真をアップし、「彼女そう感じているから、プロジェクトに参加したいと決意したんだ。彼女を仲間に迎えて、とてもうれしい」とコメント。

同プロジェクトには昨年10月にカーラ・デルヴィーニュも参加し、同じTシャツを着た姿をインスタグラムで公開している。
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top