レオナルド・ディカプリオ、オスカー狙う熱演!『バードマン』監督作、来春公開へ

映画

『レヴェナント:蘇えりし者』 (C)2016 Twentieth Century Fox
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』 (C)2016 Twentieth Century Fox
  • レオナルド・ディカプリオ-(C)Getty Images
  • トム・ハーディ - (C) Getty Images
  • アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督
アカデミー賞いまだ無冠のレオナルド・ディカプリオが、俳優休業宣言を覆し、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・G・イニャリトゥとオスカーを狙う話題作『レヴェナント:蘇えりし者』(原題:The Revenant)。“鼻が折れても”迫真の演技を続けたという本作の日本公開が、2016年春に決定。生死を懸けた壮絶サバイバルを繰り広げる主人公の劇中カットも解禁された。

物語の舞台は、アメリカ西部の広大な未開拓の荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、狩猟チームメンバー、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。“生きる”という純然たる意志だけを武器に、グラスは厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、フィッツジェラルドに復讐を果たすため、約300キロの容赦ない旅を生き延びようとする――。

レオナルドを主演に迎え、2015年アカデミー賞で「作品賞」「監督賞」「脚本賞」「撮影賞」の最多4部門を受賞したアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督・脚本・製作を務める本作。原作は実在のハンター、ヒュー・グラスの実話にインスパアされたマイケル・パンクによる同名小説。

ジョニー・デップと兄弟役を演じた『ギルバート・グレイプ』に始まり、『アビエイター』『ブラッド・ダイヤモンド』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で4度ノミネートを果たすも、オスカー無冠のディカプリオは、自らの俳優休業宣言を覆し本作への出演を快諾。大自然の中で孤高に闘い、運命に抗う主人公役で、悲願のオスカー獲得を狙う。

また、敵役のフィッツジェラルドを演じるのは、レオナルドとは『インセプション』以来、5年ぶりの共演を果たす、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。

イニャリトゥ監督は、本作では究極のリアリティを追求するため、実際に極寒の地で撮影を敢行。レオナルドとトムをガチで格闘させ、ディカプリオの鼻が折れるも、そのまま撮影を続行し、迫真の演技を極限まで引き出した逸話もあるほど。その様子をカメラに収めた撮影監督は、『ゼロ・グラビティ』『バードマン』で2年連続オスカーを獲得した、イニャリトゥ監督の盟友エマニュエル・ルベツキ。本作では、神業のような長回しのほか、照明機材を一切使わず、自然光だけで撮影するというかつてない試みに挑戦、観客を臨場感あふれる大自然の舞台へと誘っていく。

今年のクリスマス12月25日に北米で限定公開、その後2016年1月8日に全米公開が予定されている本作。早くも、2016年の賞レースの大本命との呼び声が各方面から上がっていることはもちろん、ディカプリオの初栄冠とイニャリトゥ監督の2年連続オスカー獲得に注目が集まっている。

『レヴェナント:蘇えりし者』は2016年春、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top