【予告編】千葉雄大の指切り&中川大志の告白にドキッ!『通学シリーズ』2作解禁

映画

『通学シリーズ 通学電車』・『通学シリーズ 通学途中』キービジュアル (C)みゆ・エブリスタ (C)2015「通学シリーズ」製作委員会
  • 『通学シリーズ 通学電車』・『通学シリーズ 通学途中』キービジュアル (C)みゆ・エブリスタ (C)2015「通学シリーズ」製作委員会
  • 『通学シリーズ 通学電車』・『通学シリーズ 通学途中』キービジュアル (C)みゆ・エブリスタ (C)2015「通学シリーズ」製作委員会
  • 『通学シリーズ 通学電車』・『通学シリーズ 通学途中』 (C)みゆ・エブリスタ (C)2015「通学シリーズ」製作委員会
千葉雄大と松井愛莉、そして中川大志と森川葵という最旬の若手俳優たちで描く『通学シリーズ 通学電車』と『通学シリーズ 通学途中』。このほど、その予告編が2作同時に解禁となった。

500万人の読者に愛されている小説投稿コミュニティ「E・エブリスタ」の「通学シリーズ」の中から、もっとも感動を呼ぶと女子中高生の間で話題となった作品を映画化したのが、この2作。

『通学シリーズ 通学電車』は、新感覚の初恋感涙ファンタジー。予告編は、通学電車で見かける他校のハル(千葉雄大)に片想いをしているユウナ(松井愛莉)が、彼をそっと見つめるシーンから始まる。声などかけられず、見ているだけで幸せを感じていたユウナだったが、ある朝、目を覚ますと、そのハルがなぜか隣で寝ているという驚きの展開に! だが、部屋に現れたハルと、外で会うハルは人格が真逆。さらにハルには辛く悲しい過去があることが分かり…。


千葉さん演じるハルが、「今日はこっちで寝てもいい?」とユウナのベッドに潜り込んだり、ユウナの部屋で2人でじゃれ合ったりと、ドキドキの胸キュンシーンが連続。また、「指切りした約束、忘れない」と、ふたりが指切りをしながらキスをするシーンは、切なさいっぱい。また、ユウナに恋するトモ(吉沢亮)や、ハルの彼女ナナ(阿部菜渚美)も登場し、2人のハルの謎や複雑な恋の関係を匂わせる映像となっている。

一方、『通学シリーズ 通学途中』は片思いの共感ラブストーリー。予告編には、コンビニでバイトをする他校のキョースケ(赤楚衛二)に恋するユキ(森川葵)が失恋するシーンから始まる。そんな恋に不器用なユキをいつも見守るのは、同じ美術部のコウ(中川大志)。キョースケのバイト仲間のハル(千葉雄大)の応援もあり、諦めずにキョースケを想い続けるユキだったが、自分の気持ちを抑えられず思わずキスをしてしまうコウ。彼はユキの気持ちの整理がつくまで待つことを選択する。どんなときも自分の隣に寄り添ってくれる、そんなコウの優しさと、キョースケへの想いに揺れるユキが最後に選んだのは…。


片想いの人に振り向いてもらえない切なさや、恋するドキドキが詰まった本作では、「ユキといると楽しくて悲しいから」や「いつだって僕はユキに会いたい」など、中川さん演じるコウの切ない台詞や、自分以外の人を好きだと知っていても想い続けるその姿に、きっと誰もが「私もユキになりたい!」と思わずにはいられない。

さらに、森川さん演じるユキの恋を応援する友達に『通学電車』のヒロインの松井さん演じるユウナが登場したり、キョースケの彼女がユウナの親友ユカ(藤本泉)であったりと、独立したストーリーながら同じ舞台で描かれている2作を合わせて楽しむことができる。

この2作の予告編で流れている主題歌を担当するのは、読者モデル出身で今年の1月には日本武道館公演を成功させた4人組ガールズバンド「Silent Siren(サイレントサイレン)」。本シリーズのために書き下ろした新曲「hikari」と「キミスキスマイル」が、それぞれの世界観にぴったり合い、切ない胸キュン物語をいっそう盛り上げている。

『通学シリーズ 通学電車』は11月7日(土)より、池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほか全国にて順次公開。
『通学シリーズ 通学途中』は11月21日(土)より、池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top