風間俊介主演『猫なんかよんでもこない。』公開に向け、”猫映画祭”プロジェクトが始動

映画

映画『猫なんかよんでもこない。』公開記念イベント「一日だけの猫映画祭」
  • 映画『猫なんかよんでもこない。』公開記念イベント「一日だけの猫映画祭」
  • 映画『猫なんかよんでもこない。』公開記念イベント「一日だけの猫映画祭」
  • 映画『猫なんかよんでもこない。』公開記念イベント「一日だけの猫映画祭」
  • 映画『猫なんかよんでもこない。』公開記念イベント「一日だけの猫映画祭」
  • 映画『猫なんかよんでもこない。』公開記念イベント「一日だけの猫映画祭」
元ボクサーの漫画家・杉作の同名原作を風間俊介主演で実写映画化した『猫なんかよんでもこない。』が、2016年1月より公開される。このほど、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、本作の公開記念イベント「一日だけの猫映画祭」の開催に向けたプロジェクトがスタート。支援者を募っている。

“犬派”の崖っぷちボクサー ミツオ(風間俊介)は、兄貴(つるの剛士)が拾ってきた2匹の猫、チンとクロの世話を押し付けられ不本意ながら共同生活を始める。よんでも“まったく”こない&自由奔放すぎる2匹の猫に苛立ちながらも、彼らとのかけがいの無い日々が、やがてミツオの人生に大きな変化を…起こすのか?

「大人が泣ける猫漫画」として注目を集める漫画原作を、藤原竜也主演『探検隊の栄光』の公開が控える山本透が監督を務め映画化する本作。キャストには、主演の風間俊介をはじめ、『トワイライト ささらさや』のつるの剛士、『サムライフ』『ストレイヤーズ・クロニクル』と出演作が続く松岡茉優、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』以来の映画出演となる市川実和子らがキャストに名を連ねている。

このほど「Makuake」にてスタートされたプロジェクトは、本作の公開記念イベントの開催支援者を募集するもの。本作の特別先行試写をはじめ、メイキングムービーの上映や原作者と監督によるトークショー、10月よりTV大阪、BS朝日にて放送が決定している同作のアニメ化作品の一挙上映のほか、事前投票による「愛猫家が選んだベストオブベスト」映画の上映や、事前に愛猫家から投稿された“猫動画”から制作する短編の上映など、“愛猫家参加型”の映画祭としての開催が予定されている。

支援コースには、映画祭の参加券をはじめ、「フェリシモ猫部」がプロデュースする「ハチワレ猫耳もふもふヘアターバン」や「クロ猫もふもふルームソックス」といった「猫よん。」グッズ、原作者の杉作が支援者の猫を漫画化するコースなど、料金によってさまざまな特典が用意されている。

初の開催を目指す本映画祭は、今後の継続的な開催も視野に活動していくとのこと。動物映画の中でも特に人気の高い猫映画に特化したイベントとして、大きな注目を集めそうだ。

■公式サイト:
映画『猫なんかよんでもこない。』公開記念イベント「一日だけの猫映画祭」
https://www.makuake.com/project/nekoyon-movie/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top