LiLiCo、スウェーデン産イケメン3兄弟「JTR」初来日インタビューでご乱心!?

最新ニュース

ジョン、トム、LiLiCo、ロビン
  • ジョン、トム、LiLiCo、ロビン
  • ジョン、トム、LiLiCo、ロビン
  • ジョン、トム、LiLiCo、ロビン
  • ジョン、トム、LiLiCo、ロビン
「ガルルル……」。LiLiCoが舌なめずりするところに、イケメンあり。LiLiCoの出身地スウェーデンは、これまでにABBA、Ace of Base、The Cardigansなどを輩出してきたポップス大国として知られている。そんなポップスの国からこの度、イケメン3兄弟によるバンド「JTR」が日本デビューを飾った。イケメンに目のないLiLiCoは、早い段階で彼らの音楽的才能にも注目。その縁でMV「ALL THAT SHE WANTS」に“女優”として出演し、ここ日本でも話題になった。

シネマカフェでは、デビューアルバム「OH MY MY」プロモーションのために初来日したJTRに独占インタビューを実施。すると物陰から「彼らの事は私に任せなさい!」とのスウェーデン語とともに、謎の物体が飛び出してきた。そう、LiLiCoである。プロレスで体得した“カニばさみ”でJTRのイケメンたちを捕獲したLiLiCoが、インタビュアーとして彼らの魅力を存分に聞き出してくれた。

実はLiLiCoこそ、JTRの日本でのプロモーションを後押しした立役者で、日本滞在中は、たっぷりと親交を深めた。「イケメンぶりだけではなくて、彼らの内面にも惹かれました。若いけれどしっかりしていて、歌詞には人生をハッピーにしてくれる生き方へのヒントも沢山詰まっている」と猛プッシュするJTRは、“人懐っこい性格ながらも、リーダーシップ溢れる長男”ジョン(J)、“セクシーで大人びているのに、シャイで寡黙な二男”トム(T)、“楽しいことが大好きで、まだまだ大人になりたくない三男”ロビン(R)からなる3兄弟バンド。音楽家の両親のもとで育ち、自然と音楽に触れる中で、いつしか兄弟で楽曲を作るようになっていったという。

日本滞在中は、大阪・東京の各地でデビュー・ライブを敢行。アルバム発売前だったにも関わらず、熱狂的ファン約1,000人が会場を埋め尽くす一幕もあった。ジョンが「幼い頃からスウェーデンのアーティストが日本で活躍しているのを見て来たので、まさか自分たちが……と光栄な気分になった」と喜びを口にすると、トムも「日本デビュー前にも関わらず、僕らの歌を知ってくれていて驚いたし、ファンの皆は僕らの言葉一つ一つをしっかりと受け止めてくれた」とオーディエンスの反応に手応えを感じている。

LiLiCoのパワフルさも十分に伝わったようで、ジョンは「まさに“カラフル”だね。その言葉が一番似合っている。成功したいならLiLiCoさんのように一生懸命働かなくちゃ」と同じスウェーデン人としてリスペクト。トムも「僕たちのMV『ALL THAT SHE WANTS』でもエネルギーに溢れているけれど、実際に会うともっと凄いことがわかる。仕事も早いし、常にフルスロットル。いい男性が現れればいいね」と太鼓判で、末っ子のロビンに至っては「最高にクール、としか言葉が出ないよ」とオーラに圧倒されていた。

両手に花状態のLiLiCoは「ジョンは長男らしく落ち着いていて、静かな性格。トムはシャイって聞いていたけれど、ガンガン質問してくるし、学ぼうとする姿勢が素晴らしい。ロビンは末っ子らしく冗談ばかり。坂田のアホ踊りやアイ~ンなど日本で必要なギャグも覚えてくれた」と兄弟の性格と素顔を紹介。好みのタイプとしては「トムかしら?」とヨダレをぬぐいつつも「でも私は彼らのお母さんと1歳違いですから、彼らは“日本のママさん”として私の事を面白がってくれている。“財布係”としてなんでも買ってあげたくなっちゃうわ」とすっかり母親の表情だ。

LiLiCoといえば、プロレスラー・デビューも話題になったばかり。JTRから技をおねだりされると「プロレスの技をかけたらファンに怒られます!」と躊躇するものの「この先、アーティストとしての初心を忘れたら、ドロップキックが炸裂するからね」と宣言。JTRは背筋をピンと伸ばし、その言葉を肝に銘じていた。

しかしJTRが初心を忘れるようなミュージシャンでないことは、誰よりもLiLiCoが知っている。「彼らはあまりにも歌が好きで、打ち合わせ中でもジョンがギターを弾きだすと、そのコードに合わせて即興で曲作りが始まる。その日の段取りを説明する彼らのマネージャーの話も、歌に夢中になり過ぎてまったく聞かないの。私が何度“注目~!”と言った事か」と呆れつつも、その音楽に対するピュアな情熱を嬉しく思っている。

日本デビューアルバム「OH MY MY」も、毎日のように聴いているというLiLiCo。「ビタミン剤になるような楽曲ばかりで、どんなシチュエーションでも合う。アイドルグループの枠にはハマらず、大人の音楽好きも安心して聴けるはず」と鼻息荒くその魅力をJTRに代わって熱弁。「タイトル曲の『OH MY MY』からの流れもよくて、私は4曲目の『MOVIE STAR』が一番好き。メッセージが素晴らしく、リズムも好き。一瞬立ち止まるドラムもグッドよ」と言い終わるや否や、JTRの3人をヘッドロック。そのままウサイン・ボルト並のスピードで、六本木の夜へと消えていった。
《取材協力:LiLiCo、text/photo:石井隼人》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top