中島裕翔主演『ピンクとグレー』釜山国際映画祭に正式出品! 主題歌は“アジカン”

映画

菅田将暉&夏帆&岸井ゆきの&柳楽優弥/映画『ピンクとグレー』-(C) 2015 『ピンクとグレー』製作委員会
  • 菅田将暉&夏帆&岸井ゆきの&柳楽優弥/映画『ピンクとグレー』-(C) 2015 『ピンクとグレー』製作委員会
  • 『ピンクとグレー』主題歌を担当するASIAN KUNG-FU GENERATION
  • 「ピンクとグレー」文庫書影-(C) 2015『ピンクとグレー』製作委員会
  • 菅田将暉&夏帆&岸井ゆきの&柳楽優弥/映画『ピンクとグレー』-(C) 2015『ピンクとグレー』製作委員会
現役アイドルの「NEWS」加藤シゲアキが書き下ろした問題作を、初主演となる「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔を迎えて映画化した『ピンクとグレー』。このほど、本作が10月に開催される第20回釜山国際映画祭のA Window on Asian Cinema部門に正式出品が決定。さらに、その主題歌を「ASIAN KUNG-FU GENERATION」が書き下ろしで手がけることが分かった。

大人気スター俳優・白木蓮吾(中島裕翔)が、突然、死んだ。第一発見者は幼いことからの親友・河田大貴(菅田将暉)。動揺する大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は一躍、「白木蓮吾のイケメン親友」として時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリー(夏帆)をとりあった初恋…。

いつでも一緒の2人は、いつでも蓮吾が一歩先を進んでいた。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。やがて、蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた、“蓮吾の死の真実”とは…。

芸能界の嘘とリアルを描き出す加藤さんの衝撃の処女作を、『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲が映画化する本作。スターでありながら突如謎の死を遂げる主人公・蓮吾役を務めるのは、「デート~恋とはどんなものかしら~」での好演も記憶に新しい中島さん。その親友であり蓮吾の死の真実を追う大貴役には、幅広い作品で抜群の存在感を放つ菅田将暉、さらに、この2人の初恋の人であり幼馴染のサリーを『海街diary』の夏帆が務めるほか、岸井ゆきの、柳楽優弥らが出演する。

そして、本作の主題歌を手がけるのは、2016年に結成20周年を迎える、“アジカン”こと4人組ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」。映画の主題歌は『ソラニン』『横道世之介』などに続き、5作目となるが、今回リーダーでボーカルの後藤正文が加藤さんの原作を読み、でき上がった映画本編の映像を見ながら、まさにいま絶賛製作中という書き下ろしの新曲。後藤さんは、「原作を良い意味で裏切る展開に驚きました。映画を観て、それぞれの生活に戻ってゆく観客たちのことを考えながら、曲を書きました。参加できて光栄です」とコメントを寄せており、映画の世界観にあった楽曲が期待できそうだ。

さらに、本作は第20回釜山国際映画祭A Window on Asian Cinema部門に正式出品。10月1日のオープニングレッドカーペットセレモニー、翌2日の公式上映には行定監督と、主演の中島さん、共演の菅田さんが参戦する。映画初主演となる中島さんは、もちろん国際映画祭への参加は初めて。行定監督は、実に同映画祭10作品目の公式上映作品となる。

この快挙に中島さんは、「初主演の作品がいきなり海を越えて様々な方に見ていただけることとなり、とてもありがたいのと同時に嬉しさも隠せません。釜山の空気を味わえるのも楽しみですし、しっかりと目に焼き付けてワールドワイドな俳優への第一歩を踏みしめてきたいと思います」とコメント、俳優としての新たなステージに期待をのぞかせている。

『ピンクとグレー』は2016年1月9日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top