「ジブリの博覧会」ナウシカからマーニーまで30年の歴史を満載

最新ニュース

2015年9月12日から愛知県の愛・地球博記念公園で「シブリの大博覧会」が開催される。スタジオジブリと三鷹の森ジブリ美術館が企画制作として協力する本展は、『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』までスタジオジブリにゆかりの作品で、30年の歴史で振り返る。
会場となる愛・地球博記念公園は、2005年に開催された博覧会「愛・地球博」跡地に作られた。映画『となりのトトロ』に登場する“サツキとメイの家”が復元されていることでも知られている。

イベントは、愛・地球博から10年周年を記念して開催される「第32回全国都市緑化あいちフェア」の特別企画である。スタジオジブリの作品を通じて、愛・地球博の理念である「自然の仕組みと調和した新しい文明の構築」を継承する。
「思い出のマーニー×種田陽平展」と「ジブリの大博覧会展」のふたつの主要企画から構成、9月12日から11月8日までの会期を予定する。人気作品が多いだけに、期間中は多くの人が会場に足を向けることになりそうだ。

「シブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」は、これまでのジブリ作品がどのように生み出され、世に出て行ったのかを伝える。映画公開当時のポスターやチラシなどの広告素材、さらに制作資料や企画書などの未公開資料を展示する予定だ。
スタジオジブリの作品をテーマにした展覧会は、これまでも数多く実施されている。しかし、スタジオ全体の歴史全体を追って紹介するものはなかった。今回は貴重な機会と言えるだろう。
一方「思い出のマーニー×種田陽平展」は、映画美術の第一人者の種田陽平によるアニメと実写映画美術のコラボレーションとなる。自身が初めてアニメの美術監督を務めた本作のイメージボードや背景画を展示する。さらに劇中のマーニーの部屋をリアルに再現する。こちらが圧巻となるそうだ。

期間中は、作品のスタッフが出演するイベントも予定している。9月12日は種田陽平自身による展覧会ツアー、それにサイン会が行なわれる。さらに9月25日には、宮崎吾朗監督による「サツキとメイの家」解説会を実施する。(イベント参加券の販売は終了)こちらも「シブリの大博覧会」を盛り上がることになりそうだ。

「ジブリの博覧会」9月12日スタート ナウシカからマーニーまで30年の歴史を満載

《animeanime》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top